メインメニューを開く

陳明宗(ちんめいそう、ベトナム語: Trần Minh Tông / 陳明宗)は、陳朝大越の第5代皇帝。名はベトナム語: Trần Mạnh / 陳奣)、または陳 日ベトナム語: Trần Nhật Quáng / 陳日爌)とも[1]

明宗 陳
陳朝
第5代皇帝
CDVTranMinhTongjpg1333297930.jpg
王朝 陳朝
在位期間 1314年4月3日 - 1329年3月15日
姓・諱(陳日
諡号 章尭文哲皇帝
廟号 明宗
生年 興隆8年8月21日
1300年9月4日
没年 紹豊17年2月19日
1357年3月10日
英宗
昭憲皇太后
后妃 憲慈皇后
陵墓 穆陵
元号 大慶 : 1314年 - 1323年
開泰 : 1324年 - 1329年

生涯編集

第4代皇帝・英宗の四男。興隆22年(1314年)、父から譲位されて即位した。大慶7年(1320年)に親政を開始すると治水・土木工事をたびたび行なった。

皇后の憲慈皇后ベトナム語版は叔父の恵武大王陳国瑱中国語版の娘であった。陳国瑱は英宗の代からの宿将で功績も多く[2]発言力が大きかったが、明宗はこれを疎んじてか[要出典]陳克終中国語版を重用した[2]。これに対して陳国瑱がたびたび諫言すると、明宗は陳国瑱を捕らえて幽閉し、そのまま餓死させるに至った。明宗の死後、裕宗は陳国瑱の名誉を回復させている[3]

開泰6年(1329年)に長男の陳旺(憲宗)に譲位して太上皇となった[2]が、憲宗は幼少だったため明宗が実権を掌握したままだった。この頃、大越には占城哀牢の侵入が始まり、それに悩まされるようになっていた。開祐2年(1330年)前後に数度、明宗は哀牢討伐のために親征するが、戦果を得るどころか大敗を喫して段汝諧中国語版らの重臣を失った[4]。開祐13年(1341年)に憲宗が早世したため、わずか6歳の十男・陳裕宗)を即位させ、引き続き実権を握った。だが、奸臣陳克終を重用して国を乱したことは明宗最大の失政だと史書は記している[2]

紹豊17年(1357年)に崩御、享年58。

子女編集

出典編集

  1. ^ 元史』巻二百九 列伝第九十六 外夷二 安南
  2. ^ a b c d 『大越史記全書』本紀巻之六 陳紀 明宗皇帝
  3. ^ 『大越史記全書』本紀巻之七 陳紀 裕宗皇帝 付昏徳公楊日礼一年
  4. ^ 『大越史記全書』本紀巻之七 陳紀 憲宗皇帝

参考文献編集

  • 小倉貞男『物語 ヴェトナムの歴史 一億人国家のダイナミズム』〈中公新書〉、1997年7月。
先代:
英宗
陳朝の第5代皇帝
1314年 - 1329年
次代:
憲宗