陳芸宗

大越陳朝9代皇帝。明宗の三男。右相国恭定王。子に陳頊(五橋大王)

陳芸宗陳藝宗、ちんげいそう、ベトナム語: Trần Nghệ Tông)は、陳朝大越の第9代皇帝。名はベトナム語Trần Phủ / 陳暊)、または陳 叔明ベトナム語Trần Thúc Minh / 陳叔明)とも。

芸宗 陳
陳朝
第9代皇帝
王朝 陳朝
在位期間 1370年 - 1372年
姓・諱(陳叔明)
諡号 光堯英哲皇帝
廟号 芸宗
別号 体天建極純孝皇帝
光堯英哲太上皇帝
生年 大慶8年(1321年)12月
没年 光泰7年12月15日
1395年1月6日
明宗
明慈皇太妃
陵墓 安生原陵
元号 紹慶 : 1370年 - 1372年

生涯編集

第5代皇帝・明宗の三男。即位前は恭定王に封ぜられていた。大定2年(1370年)、暴政を敷いていた婿の楊日礼を廃して即位した。紹慶3年(1372年)、弟の陳睿宗)に譲位して太上皇となった。譲位した後も実権を握り続け、睿宗の死後はその子の陳晛を、後に陳晛を廃して自身の子の陳顒(順宗)を擁立した。

しかし国内では重臣の離反と悪政による反乱が相次ぎ、国外ではチャンパの侵攻を受けることとなる。このような中で芸宗は、重臣の多くを粛清するなどの悪政をさらに繰り広げて、陳朝の衰退を決定的なものにしてしまう。

生母の甥である黎季犛を寵信して重用し、黎季犛もまたその信頼にこたえてよくチャンパを防いだが、芸宗死後の黎季犛はしだいに野心を増し、後の陳朝の滅亡に繋がることになる。

宗室編集

后妃編集

  • 恵懿夫人(淑徳皇后を追贈された)
  • 宸妃黎氏

子女編集

  • 男子:陳頊、簡定帝 陳頠、荘定王 陳𩖃重光帝の父)、順宗 陳顒
  • 女子:陳淑美(天徽公主)、荘徽公主、宣徽公主、紹寧公主、公主(楊日礼の妃)
先代
廃帝昏徳公
陳朝の第9代皇帝
1370年 - 1372年
次代
睿宗