陳 生(ちん せい、生没年不詳)は、中国後漢末期の人物。『三国志』魏書劉表伝の注に記述がある。

陳生
後漢
出生 不詳
死去 不詳
不詳
主君 賊→劉表
テンプレートを表示

荊州江夏郡において活動していた賊の一人で、張虎と共に襄陽に割拠していたが、劉表軍の蒯越の説得により降伏した。

小説『三国志演義』においては、長沙孫堅が侵攻してきた際、黄祖に従い張虎の副将として加勢に出る。しかし、初陣の孫策に矢で射られ戦死している。

横山三国志』では、劉表が派遣した劉備軍の張飛と激闘するが、討ち取られている(『三国志演義』では名が陳孫[1]となっている)。

脚注編集

  1. ^ 嘉靖本・黄正甫本でも陳生。