陳 穉(ちん ち、生没年不詳)は、春秋時代の大夫で、斉の陳氏の宗主。、あるいは孟夷[1]

陳完(敬仲)の子として生まれた。陳完が死去すると、陳穉は後を嗣いで斉の陳氏の宗主となった。陳穉が死去すると、子の陳湣(孟荘)が後を嗣いだ。

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ 史記』田敬仲完世家は田穉孟夷と呼称する。『史記索隠』は穉が名で、孟夷が字であろうとする。同書所引『世本』は夷孟思とする。