メインメニューを開く

陶 弘護(すえ ひろもり)は、室町時代武将大内氏重臣。

 
陶弘護
時代 室町時代
生誕 康正元年9月3日[1]1455年10月13日
死没 文明14年5月27日[1]1482年6月13日
改名 幼名:鶴寿丸[1]
別名 五郎[1](通称)、越前[1]
戒名 昌龍院殿建忠功勲大居士[2][1]
墓所 龍文寺山口県周南市長穂)
官位 尾張権守[1]、尾張守[1]、筑前守[1]
幕府 周防筑前守護代
主君 大内政弘
氏族 多々良姓右田氏庶流陶氏
父母 父:陶弘房[1]、母:仁保盛郷[1]
兄弟 弘護右田弘詮[1]
正室:益田兼堯[1]
武護[3]興明[3]興房[3]、女子(宗像氏定室)[3]、弘宗、弘輔
テンプレートを表示

生涯編集

康正元年(1455年)に周防国山口の私邸で生まれる[1]。陶氏は大内氏の一族であり、代々周防守護代職を務めた。父が応仁の乱応仁2年(1468年)に戦死し、13歳で陶氏当主を継いだ。翌年元服して、当主大内政弘から一字を受けて「弘護」と名乗る。

大内道頓の乱の鎮圧編集

文明2年(1470年)に正式に周防守護代に任じられる。同年、政弘が西軍方として京都に滞陣中、政弘の叔父教幸(道頓)が東軍方の誘いに応じて内藤武盛吉見信頼らと共に留守中の周防で反乱(大内道頓の乱)を起こした。留守居役の弘護は当初は教幸を迎え入れる態度を示していたが、同年12月になって一転して教幸を攻め[4]、周防玖珂郡で教幸を撃ち破り、さらに吉見信頼を頼って再起を図る教幸を長門阿武郡の各地(渡川城[5]賀年城元山城江良城など)でも吉見勢を破っている[6]。そして、政弘の命で急遽帰国した益田貞兼と共に長門豊浦郡でも教幸方を討って追撃を続け、翌3年(1471年)には教幸を没落に追い込んだ。これは、当初から教幸を油断させて時間を稼ぐための罠であったとみられている[注釈 1]

最期編集

反乱を鎮圧した後には、大宰府に入って少弐頼忠を攻めた[7]。文明10年(1478年)には筑前守護代も務めるなど、弘護の大内家での地位は揺るぎないものとも思われたが、一方で京都から帰国した主君・政弘は弘護の領内における権勢の強さに不安を抱くようになる。文明10年10月、弘護は博多に滞陣中の政弘に今後の政策に関して上申を行ったが、その際に政弘は防長本国の防衛に派遣された筑豊の武士たちのために弘護が認めていた防長の寺社領に対する半済の延長を拒絶している(『正任記』)。これは政弘が弘護の権力の抑制に乗り出したものと考えられている[8]

同文明14年(1482年)、帰国した政弘が諸将の慰労のために開いた山口築山館で開いた宴席の席上で、弘護は長年敵対関係にあった吉見信頼に刺されて死亡[1]。享年28[1]。なお、信頼はその場で内藤弘矩(武盛の弟)に討ち果たされている。以後、この弘矩が大内家で重きをなすことになる。

戒名は泉福院殿建忠孝勲禅定門[1]

陶氏の家督は陶武護が継ぐが、まだ幼かったので、叔父の右田弘詮(陶弘詮)が陶家の番代をつとめた。しかし、家督を巡る武護と興明の対立や、内藤弘矩を讒言した武護の処罰など紆余曲折の末、最終的に三男の興房が当主となった。

なお、弘護暗殺の背景として、陶氏及び縁戚の益田氏と吉見氏の間の所領争いや、大内道頓の乱で吉見氏ら大内教幸陣営が罠にはめられたことに対する恨みとされているが、藤井崇は事件直後に主君・大内政弘が起こした吉見氏討伐が突如撤兵・中止されたこと、弘護を殺害した凶器の刀がその後「政弘からの下賜」という形で吉見成頼(信頼の父)に返還されている[9]ことを挙げ、暗殺の背後には弘護からの権力奪還を図る大内政弘が関わっており、そのことに対する陶氏側の疑念が孫の隆房の代になって大寧寺の変として表面化した可能性を指摘している[10][11]。また、藤井は後の著作にて後に発生した内藤弘矩の粛清が武護の反抗に加担した容疑がかけられたという説[12]の存在を指摘して、弘矩が吉見信頼を殺害したのは実は主命による口封じであり、今度は政弘が陶武護の反抗をきっかけとして弘護殺害の真相を隠すために今度は弘矩の口封じしようとした可能性について指摘している[13]

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 杉重隆が文明3年1月4日付で益田貞兼に充てた書状(「益田家文書」721号『大日本古文書』22-3)によれば、弘護の行動は「順次弓矢故」であったと述べ、教幸を討つために弘護を中心とした留守被官一同の策であったと解説している[4]
[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q 近藤清石 1885, 「大内系図」23.
  2. ^ 都濃郡誌』
  3. ^ a b c d 近藤清石 1885, 「大内系図」25.
  4. ^ a b 藤井 2013, p. 279.
  5. ^ 山口市阿東の渡川城址説明板
  6. ^ 大内文化について|大内氏概略| - 大内文化まちづくり
  7. ^ 四大歴史ストーリー 大内氏/年表 - 山口県の文化財
  8. ^ 藤井 2013, pp. 284-287.
  9. ^ 『蔭涼軒日録』長享3年1月30日条
  10. ^ 藤井 2013, pp. 287-288.
  11. ^ 藤井 2013, pp. 301-302.
  12. ^ 『晴興宿禰記』明応4年3月21日条
  13. ^ 藤井 2014, pp. 43-47.

参考文献編集

  •  近藤清石『国立国会図書館デジタルコレクション 大内氏實録』付録、中元壮作、宮川臣吉、山口県山口町、1885年10月28日。NCID BA33800345
  • 藤井崇 『室町期大名権力論』 同成社〈同成社中世史選書(14)〉、2013年。ISBN 978-4-88621-650-2全国書誌番号:22348379 
    • §.「政弘期の分国支配」 初出 藤井崇「大内政弘の権力構造と周防・長門支配」『年報中世史研究』32号、中世史研究会編集委員会、2007年。
  • 藤井崇 『大内義興 : 西国の「覇者」の誕生』 戎光祥出版〈中世武士選書 21〉、2014年6月。ISBN 978-4-86403-111-0NCID BB15726292全国書誌番号:22420785 
  • 山口県都濃郡役所編『都濃郡誌』[要文献特定詳細情報][要文献特定詳細情報]

関連項目編集