陸奥守 吉行(むつのかみ よしゆき、1650年 - 1710年)は陸奥国中村(現:福島県相馬市中村)、または摂津国住吉[1](現:大阪府大阪市住吉区)出身の刀工。本名は森下平助[2]土佐に移住したことから土佐吉行とも呼ばれる。

経歴編集

同じく刀工である播磨守吉成の次男で、上野守吉国の弟。山岡家の養子となり、のち父兄ともに大坂の刀工・初代大和守吉道に入門し、作刀を修行する[2]土佐藩の山岡家の養子となった際に山岡姓を名乗る[2]。 吉行は元禄年間に土佐藩に招聘され、同藩の鍛冶奉行となった。後に受領名として陸奥守を受領する[3]。大坂にてその生涯を終えたとされている[3]

脚注編集

[脚注の使い方]

出典編集

  1. ^ 高知県立坂本龍馬記念館 『龍馬の愛刀「吉行」』、2009年。 オリジナルの2016年5月26日時点によるアーカイブhttps://web.archive.org/web/20160526175738/http://www.ryoma-kinenkan.jp:80/study/qa/ryoma/post-9.php2016年5月26日閲覧 
  2. ^ a b c 常石英明 『日本刀の研究と鑑定 新刀編』 金園社〈実用百科選書〉、1980年、242頁。 
  3. ^ a b 飯田一雄 『日本刀工 刀銘大鑑』(初版) 淡交社、2016年3月7日、802頁。ISBN 978-4-473-04075-6NCID BB20941782