この項目には、一部のコンピュータや閲覧ソフトで表示できない文字が含まれています詳細

陸 昕之(りく きんし、生年不詳 - 511年)は、北魏官僚は慶始。本貫河南郡洛陽県

経歴編集

陸定国(陸麗の子)と盧氏(盧度世の娘)のあいだの子として生まれた。東郡王の爵位を嗣いだが、492年太和16年)に東郡公に降封された。献文帝の娘の常山公主を妻に迎え、駙馬都尉に任じられ、通直郎の位を受けた。501年景明2年)、従叔の陸琇の罪に連座して免官された。まもなく公主の婿であることから赦され、通直散騎常侍の位を受けた。しばらくして司徒司馬に転じ、輔国将軍の号を加えられ、兗州刺史として出向した。まもなく安東将軍に進み、兗州での治績を知られて、青州刺史に任じられた。寛容公平な統治で知られ、安北将軍・相州刺史に転じた。511年永平4年)夏、死去した。鎮東将軍・冀州刺史の位を追贈された。は恵といった。

正妻である常山公主とのあいだに3人の娘があったが、男子がなく、妾媵とのあいだにも女子しか生まれなかったため、従兄の陸希道の四男の陸子彰が後を嗣いだ。

伝記資料編集