陸軍元帥

一般に陸軍の最上級の階級

陸軍元帥(りくぐんげんすい、Field marshalField-marshalFM)とは将校より上位の陸軍の階級のことである。陸軍で最高位の階級で、少数の人が任命される。多くの国の軍隊では5つ星ランク(Five-ster rank、OF-10)と見なされる。陸軍元帥に昇級するには並外れた軍事的功績が必要である。

国別の陸軍元帥の階級編集

アフガニスタン編集

ムハンマド・カシム・ファヒムは2002年6月から2004年12月まで、アフガニスタンの政治家であった。2001年9月から2004年12月までの間、アフガニスタン暫定政権の下で国防大臣も務めた。

アメリカ編集

アメリカにおいては陸軍元帥の階級は存在していないが、マッカーサーは例外でフィリピンの陸軍元帥を任命された、

イギリス編集

イギリスにおいては、陸軍元帥が存在している。

イタリア編集

インド編集

インドでは過去に2人、陸軍元帥が存在したが、現在、存在していない(階級自体は存在)

ウガンダ編集

ウガンダには陸軍元帥は存在した。

エジプト編集

エジプトには9人の陸軍元帥がいたが、現在生きているのは2人である。

オーストラリア編集

 
アレクサンドロス・パパゴスの記章(ギリシャ)

ウィリアム・バードウッドが1925年3月、初めて陸軍元帥に任命された。トーマス・ブレイミーは2番目に任命され、オーストラリア生まれの陸軍元帥としては初めてである。エディンバラ公フィリップ王子が現在オーストラリア唯一の陸軍元帥である。

ギリシャ編集

過去に階級として存在していたが、現在(1974年以降)のギリシャには存在しない。

タイ編集

王立タイ陸軍に存在していたが、現在は存在しない。

中国編集

中国の帝国統治時代、多くの王朝が将軍に対し、様々な称号を与えた。司馬という軍事を担当している閣僚は陸軍元帥となった。軍部は10人の司令官を陸軍元帥に昇級させたのち、1965年に陸軍元帥という階級を廃止した。

トルコ編集

トルコには存在していたが、昇級したのは2人のみである。

スリランカ編集

スリランカの最高位として存在する。

セルビアとユーゴスラビア編集

セルビアとユーゴスラビアにおいても旧日本陸軍同様、名誉階級として存在した。

 
陸軍元帥記章(ドイツ)

ドイツ語圏編集

ドイツ語圏では1806年まで陸軍元帥が存在した。

日本編集

旧日本陸軍に陸軍元帥は名誉階級として存在した。

パキスタン編集

アユブカーンがパキスタン史上唯一の陸軍元帥だった。

フィリピン編集

マッカーサーアメリカ陸軍将軍がフィリピン史上唯一の陸軍元帥だった。

フィンランド編集

フィンランドにおいて、陸軍元帥は正式な階級として存在せず、旧日本陸軍同様、名誉階級として存在した。

ブラジル編集

ブラジルが1822年にポルトガルから独立した時、ポルトガルの階級がブラジルでもそのまま使われた。現在、ブラジルにおいて陸軍元帥を任命されるには戦時である必要がある。また、ブラジル空軍には空軍元帥という同様の階級がある。

フランス編集

フランス軍では1848年以降、陸軍元帥が最高位として存在した。(旧日本陸軍同様、名誉階級)

ポルトガル編集

ポルトガルでは旧日本陸軍同様、名誉階級として存在する。

リビア編集

リビアでは2016年にハリファハフタ―ルが初の陸軍元帥の称号を得た。

ルーマニア編集

ルーマニアでは国防最高評議会で承認された将軍または提督のみに与えられる。

外部リンク編集

  •   ウィキメディア・コモンズには、陸軍元帥に関するカテゴリがあります。