メインメニューを開く

隆慶帝(りゅうけいてい)は、朝の第13代皇帝載垕(さいこう)、または載坖(さいき)。廟号穆宗(ぼくそう)。日本では在位中の元号から一般的に隆慶帝と称されている。

隆慶帝 朱載垕
第13代皇帝
明穆宗.jpg
明穆宗半身朝服像
王朝
在位期間 1567年2月4日 - 1572年7月5日
都城 北京
姓・諱 朱載垕
諡号 契天隆道淵懿寛仁顕文光武純徳弘孝荘皇帝
廟号 穆宗
生年 嘉靖16年1月23日
1537年3月4日
没年 隆慶6年5月26日
1572年7月5日
嘉靖帝
孝恪太后杜氏
后妃 孝懿皇后李氏(追贈)
孝安皇后陳氏
陵墓 昭陵
年号 隆慶:1567年 - 1572年

生涯編集

嘉靖帝の第3子として生まれ、嘉靖18年(1539年)に裕王に封じられている。嘉靖帝の晩年、明朝は内政の乱れの他に、「南倭北虜」と称される倭寇モンゴル系タタールによる侵攻にさらされていた。即位した隆慶帝は嘉靖期の弊政を改革すべく、嘉靖帝への諫言により罪を得ていた徐階海瑞などの人材を登用し、それまで朝廷で権勢をふるっていた道士を一掃した。また疲弊する国庫を建て直すため、海外貿易を開放し、倭寇とタタールに対してある程度の貿易を認める柔軟策で、対外的にも安定した時代を現出した。

しかし隆慶帝自身は凡庸な皇帝であり、朝政を省みず、その政務は大学士に代行されていた。また酒色に溺れ、享楽を求めた生活のため、36歳で崩御した。

宗室編集

后妃編集

男子編集

女子編集

  • 蓬莱公主 - 母は孝懿荘皇后。夭折。
  • 太和公主 - 夭折。
  • 寿陽公主 朱堯娥 - 母は孝定皇后。侯拱辰に降嫁した。
  • 永寧公主 朱堯媖 - 母は孝定皇后。梁邦瑞に降嫁したが、2か月後に死別した。
  • 瑞安公主 朱堯媛 - 母は孝定皇后。万煒に降嫁した。
  • 延慶公主 朱堯姫 - 王昺に降嫁した。
  • 棲霞公主 朱堯㜢 - 母は淑妃秦氏。夭折。