メインメニューを開く

階段ピラミッド(かいだんピラミッド、step pyramid)は、複数の層が重なり階段状になったピラミッドである。各地の古代文明で独自に考案され作られた。

目次

西アジア編集

ジッグラトは古代メソポタミアで生まれ、ペルシャにも作られた。

エジプト編集

エジプト最古のピラミッドは、サッカラにあるジェセル王のピラミッド(サッカラのピラミッド)で、階段ピラミッドである。紀元前27世紀のエジプト第3王朝第2代ファラオジェセルが、イムホテプに造らせた。

ジェセルのピラミッドは、6層の階段状ピラミッドで、各層は、ピラミッド以前の方形の墓であるマスタバ状になっている。

続く第3~第5代のセケムケトカーバーフニも似た構造の階段ピラミッドを造ったが、いずれも半ば崩壊し埋没している。

フニが建造を開始し、第4王朝最初の王スネフェルが完成させたメイドゥームのピラミッドは、階段状ではあるものの、滑らかな側面への変化が見られる。スフェネルの屈折ピラミッドになると、階段はなくなった。

アメリカ大陸編集

最も多くの階段ピラミッドが造られたのは、マヤアステカトルテカといったアメリカ大陸の古代文明である。

トラチウアルテペトル(チョルーラのピラミッド)やテンプロ・マヨールなどでは、古いピラミッドの上に新しい層が増築され、階段ピラミッドとなった。

以下、国名なしはメキシコ

メキシコ中央高原編集

マヤ編集

ノルテ・チコ編集

その他編集