メインメニューを開く
大瀧詠一 > 大瀧詠一の作品一覧 > 雨のウェンズデイ

雨のウェンズデイ」(あめのウェンズデイ)は、1982年5月21日に発売された大滝詠一通算11作目のシングル

雨のウェンズデイ
大滝詠一シングル
初出アルバム『A LONG VACATION
B面 恋するカレン
リリース
規格 7"シングルレコード
録音 CBS/SONY Roppongi & Shinanomachi
ジャンル ポップス
ロック
時間
レーベル NIAGARACBS/SONY
作詞・作曲 松本隆 / 大瀧詠一
プロデュース 大瀧詠一
大滝詠一 シングル 年表
♡じかけのオレンジ
1982年
雨のウェンズデイ
(1982年)
EACH TIME SINGLE VOX
1984年
ナイアガラ・レーベル 年表
♡じかけのオレンジ / 大滝詠一
1982年
雨のウェンズデイ / 大滝詠一
(1982年)
EACH TIME SINGLE VOX / 大滝詠一
1984年
A LONG VACATION 収録曲
SIDE A
  1. 君は天然色
  2. Velvet Motel
  3. カナリア諸島にて
  4. Pap-Pi-Doo-Bi-Doo-Ba物語(ストーリー)
  5. 我が心のピンボール
SIDE B
  1. 雨のウェンズデイ
  2. スピーチ・バルーン
  3. 恋するカレン
  4. FUN×4
  5. さらばシベリア鉄道
テンプレートを表示

解説編集

「雨のウェンズデイ」はアルバム『A LONG VACATION[注 1]からのリカット・シングル。前年リリースのシングル「恋するカレン[注 2]のカップリングで収録されていたが再シングルカットとなった。

アルバム『A LONG VACATION』[注 1]ではミュージシャンが楽器パートごとにクレジットされているが、大滝詠一によればこの曲のレコーディング・メンバーは、細野晴臣林立夫鈴木茂松任谷正隆だという[1]大滝は「細野晴臣さん、林立夫君、鈴木茂君に松任谷正隆君という4人が一堂に集まってプレイするのは久しぶりだったんじゃないですかね? 実はこの曲のセッションは2回目なのです。違うメンバーで一度録音したのですが、今ひとつだったのです。それで連中にお出まし願ったと。やはりこのメンバーだとスタジオ内は何か独特の雰囲気になる。差し入れに来た人があまりに殺気だった雰囲気だったので黙って帰っていったそうですから。本人たちも緊張してたんだか、この曲をやった後、もうちょっと遊ぼうよってことで<CM SPECIAL THEME>を録音したんだけど、はち切れて3テイクまで録ったくらい。『ロンバケ』セッション最高記録ですよ」[1]と答えている。

演奏はテイク2でOKで、鈴木のソロに至っては1テイクだったという。2パート聞こえるピアノは両方とも松任谷で、一節登場する「WALK ON BY」のフレーズは大瀧の指示[1]。また、この曲ではダブル・ヴォーカルとなっているが、機械(デジタル・ディレイ)が使われているのはこの一曲だけだという。その理由を大滝は「僕がダブルをやるときは2回ソロで歌うんです。1回歌って、それを聴きながら歌うのではなくて、2回それぞれ歌って2つのフェーダーを上げたとき、ビシッと合うのが正解なのです。それがどうしたことか、この曲では全然ダメだった。ソロにしようかとも思ったけれど、詞の内容を考えると切実過ぎる箇所が結構あって、機械でやってみるかなと試したら良かったと」[1]いう。

初回プレスはクリア・ヴィニール仕様。再プレスからは通常の黒盤になっているが、再プレス盤のほうが珍しいという[2]

収録曲編集

SIDE A編集

  1. 雨のウェンズデイ (4:24)  OT-8
    Words 松本隆, Music 大瀧詠一

SIDE B編集

  1. 恋するカレン (3:21)  OT-7
    Words 松本隆, Music 大瀧詠一

クレジット編集

カヴァー編集

アーティスト 収録作品(初出のみ) 発売日 規格 品番
CBSソニー・グランド・オーケストラ ニュー・ミュージック・インストゥルメンタル 山下達郎 ⁄ 大瀧詠一作品集 1986年05月21日 CD 32DH 437
  ニュー・ポップ・インストゥルメンタル〜シティ・ポップス・セレクション Vol.1 1990年09月01日 CD COCA-6672
Val Hawk CANARY ISLANDS –大瀧詠一カバー・コレクション[注 3] 1992年07月10日 CD COCA-10072
MOOMIN MOMENTS 1999年07月28日 CD ESCB-2010
永山マキ (from モダーン今夜) Niagara Spring〜Niagara Cover Special 2006年05月17日 CD TOWER-1012
尾崎亜美 A LONG VACATION from Ladies 2009年11月04日 CD+DVD
CD
UMCK-9304【初回限定盤】
UMCK-1333【通常盤】
中沢堅司 HAPPY WAY 2010年04月21日 CD PCCA-3118
CHiP SHOP BOYZ WITH ANDROiD SiNGERS ORCHESTRA A LONG VACATION 南国アンドロイド・カバー 2011年03月21日 CD DOCB-12342

リリース日一覧編集

地域 タイトル リリース日 レーベル 規格 カタログ番号
日本 雨のウェンズデイ / 恋するカレン 1982年5月21日 (1982-05-21) NIAGARACBS/SONY 7"シングルレコード 07SH 1151

脚注編集

注釈編集

  1. ^ a b A LONG VACATION1981年3月21日発売 NIAGARACBS/SONY LP:27AH-1234, CT:27KH-959
  2. ^ 恋するカレン1981年6月21日発売 NIAGARA ⁄ CBS/SONY EP:07SH-1007
  3. ^ Val Hawk「RAINY WEDNESDAY」 English Lyrics by Val Hawk & Turbo Yasunaga

出典編集

  1. ^ a b c d 「大滝詠一『A LONG VACATION』30周年リマスター盤を語る vol.3」『Sound & Recording Magazine』第30巻第6号、株式会社リットーミュージック、2011年6月1日、 50-53頁、 ISBN 4910040190615{{ISBN2}}のパラメータエラー: 無効なISBNです。
  2. ^ 大瀧詠一『All About Niagara』白夜書房、2001年3月21日、5-204頁。ISBN 4-89367-692-X。「I “NIAGARA Discography”」