メインメニューを開く

雨木 シュウスケ(あまぎ しゅうすけ)は、日本の男性ライトノベル作家。雨木 秀介名義で時代小説を書いている。

雨木 シュウスケ
(あまぎ しゅうすけ)
ペンネーム 雨木 シュウスケ
雨木 秀介
(あまぎ しゅうすけ)
誕生 日本の旗 日本広島県三原市
職業 小説家
言語 日本語
国籍 日本の旗 日本
教育 学士
最終学歴 アミューズメントメディア総合学院ノベルズ学科
活動期間 2003年 -
ジャンル ライトノベル
時代小説
代表作マテリアルナイト
鋼殻のレギオス』シリーズ
主な受賞歴 第15回ファンタジア長編小説大賞〈佳作〉(『マテリアルナイト 少女は巨人と踊る』)
デビュー作 『マテリアルナイト 少女は巨人と踊る』
テンプレートを表示

経歴編集

広島県三原市出身。物語を書き始めたのは高校時代の宿題がきっかけ。「羅生門」の続きを考える課題で、物語をつくるのが面白くなったという[1]。大学卒業後、フリーターを経てアミューズメントメディア総合学院ノベルズ学科2003年度卒業。第15回ファンタジア長編小説大賞〈佳作〉受賞作『マテリアルナイト 少女は巨人と踊る』でデビュー。二作目である『鋼殻のレギオス』は、文庫シリーズ14巻で計400万部に達している[2]。TVアニメ化もされ、2009年1月から同年6月まで放送された。

作品リスト編集

富士見書房編集

ジャイブ編集

講談社編集

  • 七曲ナナミの斜めな事情(講談社ラノベ文庫、イラスト:、2013年10月 - 2014年12月、全4巻)
  • グリモアコートの乙女たち(講談社ラノベ文庫、イラスト:かわく、2015年6月 - 2016年2月、全2巻)
  • 魔女と魔城のサバトマリナ(講談社ラノベ文庫、イラスト:POKImari、2017/3/31 - 、既刊1巻)

集英社編集

脚注編集

  1. ^ 中国新聞 2009年10月11日 11面
  2. ^ 中国新聞 2009年10月11日 11面

外部リンク編集