メインメニューを開く

電話で抱きしめて』(でんわでだきしめて、原題: Hanging Up)は、2000年アメリカ映画

電話で抱きしめて
Hanging Up
監督 ダイアン・キートン
脚本 デリア・エフロン(原作・脚色)
ノーラ・エフロン(脚色)
製作 ローレンス・マーク
ノーラ・エフロン
製作総指揮 デリア・エフロン
ビル・ロビンソン
出演者 メグ・ライアン
ダイアン・キートン
リサ・クドロー
音楽 デヴィッド・ハーシュフェルダー
撮影 ハワード・アサートン
配給 アメリカ合衆国の旗 コロンビア映画
日本の旗 SPE
公開 アメリカ合衆国の旗 2000年2月16日
日本の旗 2000年8月26日
上映時間 94分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $60,000,000
興行収入 世界の旗 $51,880,044[1]
アメリカ合衆国の旗 $36,050,230[1]
テンプレートを表示

ストーリー編集

三姉妹の次女イヴは、一人息子ジェシーを育てるために、夫のジョーと共に仕事に励んでいた。長女のジョージアは仕事人間で、三女のマディは奔放な性格だったため、二人とも家族の事など顧みようとしなかった。そんな二人が持ちこんでくるトラブルを、イヴは渋々一人で処理するのだった。だがある日、三姉妹の父親であるルウが認知症になってしまう。イヴはこのトラブルも必死に処理しようと奮闘するが、ついに精神的に限界を迎えてしまう。

キャスト編集

スタッフ編集

  • 監督:ダイアン・キートン
  • 製作:ローレンス・マーク、ノーラ・エフロン
  • 製作総指揮:デリア・エフロン、ビル・ロビンソン
  • 原作:デリア・エフロン
  • 脚色:デリア・エフロン、ノーラ・エフロン
  • 撮影:ハワード・アサートン
  • 音楽:デヴィッド・ハーシュフェルダー

出典編集

  1. ^ a b Hanging Up” (英語). Box Office Mojo. 2011年5月23日閲覧。

外部リンク編集