ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント (日本)

ソニー・ピクチャーズの日本の支社

株式会社ソニー・ピクチャーズ エンタテインメントSony Pictures Entertainment (Japan) lnc.SPEJ)は、ソニーグループ子会社の米国ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント(SPE)の日本支社であり、東京都港区に本社を置く日本の映画スタジオである。日本国内において、映画・ディストリビューション・ネットワーク・インターナショナルプロダクションズのビジネス部門を持ち、傘下のグループ企業にてアニマックスキッズステーションの2つのチャンネルを運営している[2]

株式会社ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント
Sony Pictures Entertainment (Japan) lnc.
種類 株式会社
市場情報 非上場
略称 SPE、SPEJ
本社所在地 日本の旗 日本
105-8415
東京都港区虎ノ門4丁目1番28号
虎ノ門タワーズ オフィス
設立 1984年(昭和59年)2月10日
(アール・シー・エー・コロンビア・ピクチャーズ・ビデオ株式会社)
業種 情報・通信業
法人番号 6010401071344 ウィキデータを編集
事業内容 映像作品の企画・製作および販売
代表者 代表取締役 冨田みどり
資本金 4億8,004万円
純利益 18億0500万円
(2020年03月31日時点)[1]
総資産 179億7500万円
(2020年03月31日時点)[1]
従業員数 149名
(2023年07月01日現在)
所有者 ソニーグループ株式会社(直接・間接所有あわせて100%)
主要株主 ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント・インク 62.1%
ソニーグループ株式会社 33.3%
シーピーイー ホールディングス・インク 4.6%
主要部門 映画
ディストリビューション
ネットワーク
インターナショナルプロダクションズ
主要子会社 株式会社アニマックスブロードキャスト・ジャパン
株式会社キッズステーション
外部リンク https://www.sonypictures.jp/
テンプレートを表示

概要 編集

1991年コロンビア ピクチャーズトライスター ピクチャーズの配給を担当していた「コロンビア トライスター映画」(コロンビア トライスターえいが)、同社のビデオソフトを販売する「アール・シー・エー・コロンビア・ピクチャーズ・ビデオ株式会社」、テレビ局向け映画・テレビ番組配給会社の「日本国際エンタープライズ」(にほんこくさいエンタープライズ)の3社が統合して発足した。

SPEの一員であるソニー・ピクチャーズ モーション ピクチャー グループ(SPMPG)とソニー・ピクチャーズ テレビジョン(SPT)が製作する作品を始め、それ以外にも買い付けや受託した国内外の作品の配給・販売を行う。またSPMPGの傘下であるインターナショナル・プロダクションズ(International Productions)は世界の主要な地域でローカル言語による現地映画を製作している部門であり、SPEJでも日本映画の製作を手掛けている[3][4][5]

沿革 編集

下記の通り現在の社名となったのは1991年だが、アール・シー・エー・コロンビア・ピクチャーズ・ビデオ株式会社の法人格を引き継いでいる為に会社案内における設立年は1984年となっている。

製作に参加したアニメ作品 編集

2008年からはアニメ作品の製作に本格的に参入し、1クール当たり1作品がテレビ放映されている[注釈 1]2011年4月にはオリジナルアニメーション映画鬼神伝」がアニプレックスでは無く当社より製作・配給されている(SMEJも製作参画。)[注釈 2]

アストロボーイ・鉄腕アトム』以外は全て製作委員会に出資する方式で参加し、DVDは『デスマーチからはじまる異世界狂想曲』を除いて自社から販売している[注釈 3][注釈 4]

作品名の後はテレビ放映された期間もしくは封切月。

テレビ放映に関する特記事項 編集

以下の事項は、『アストロボーイ・鉄腕アトム』を除く大半の作品に該当する(各作品のページも参照のこと)。

  • 放映上の基幹局はソニー・ピクチャーズ エンタテインメントが筆頭株主のアニメ専門チャンネル・アニマックスで2007年12月に開局して間もなかったBS11に現在に至るまで全作品がネットされている。原則としてテレビ放映は以上の2局のみである。
  • 何れの作品も第1話の放送前週に事前特番が放映されている。ただし『ペルソナ 〜トリニティ・ソウル〜』と『ウルトラヴァイオレット Code:044』はBS11のみの放映だった[注釈 5]
  • BS11では作品の放映完了後に再放送が行われたことは無いが、アニマックスでは放映から数か月後以降を中心に度々行っている。
    • ただしBS11では2008年10月から予定されていた『かんなぎ』の放映が急遽キャンセルされた為[注釈 6]、その穴埋めの一つとして『黒塚 KUROZUKA』の事前特番を再放送したことがある。因みに『かんなぎ』は同じソニーグループのアニプレックスやA-1 Picturesが製作に参加している作品である。
  • 系列会社であるアニマックスが製作に協力した作品全般(DVD版が当社以外のソフトメーカーから発売されているものも含む)については、こちらを参照のこと。

関連会社 編集

脚注 編集

注釈 編集

  1. ^ 2009年10月期に新作は発表されていなかったが、翌2010年10月からマーベルとアニマックスとの共同によるマーベル作品のアニメ化がされる事に伴い一時的だが行われる事となったものの、アニプレックスとのソニーグループ間での事業間重複が起こっている為に今後も続けるかについては不明である。
  2. ^ 間接的だが制作には関わっているものの、他のスポンサーとの兼ね合いでソニー・ミュージック名義として参加している。
  3. ^ SPEJ自身としては「VIPER'S CREED」以降は販売が途絶えていたが、前述のマーベル×アニマックスによる4作品で再びリリース元となった。また、このマーベル×アニマックス4作品にて初めてブルーレイ商品もリリース。
  4. ^ 『デスマーチからはじまる異世界狂想曲』のDVD/BDはavex picturesより販売。
  5. ^ BS11ではこの様な特番を度々制作・放映しており、作品によっては市販されるDVDに特典映像として収録されることがある。また『ペルソナ 〜トリニティ・ソウル〜』のみTOKYO MXでも放映された。
  6. ^ Blu-ray BOX発売を記念して2012年4月期に改めて放送された。

出典 編集

  1. ^ a b 株式会社ソニー・ピクチャーズエンタテインメント 第37期決算公告
  2. ^ 会社概要”. www.sonypictures.jp. 2020年5月18日閲覧。
  3. ^ 会社概要(英語 / 日本語版)”. SONY PICTURES. 株式会社ソニー・ピクチャーズ・エンタテインメント. 2020年4月26日閲覧。
  4. ^ ソニー・ピクチャーズ インターナショナルプロダクションズの日本代表にウィリアム・アイアトンが就任(プレスリリース<報道資料>)”. SONY PICTURES. 株式会社ソニー・ピクチャーズ・エンタテインメント (2019年1月11日). 2020年4月29日閲覧。
  5. ^ ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント インターナショナルプロダクションズ 業務委託契約締結のお知らせ(プレスリリース<報道資料>)”. SONY PICTURES. 株式会社ソニー・ピクチャーズ・エンタテインメント (2019年3月19日). 2020年4月29日閲覧。
  6. ^ ポニーキャニオン - 会社概要 2014年11月23日閲覧
  7. ^ ソニー・ピクチャーズ、アニメ事業を展開するAK HOLDINGSを吸収合併 AK HOLDINGSは解散へ、gamebiz、2021年5月27日
  8. ^ ノジマ、衛星放送事業に参入 ソニー系から買収”. 日本経済新聞 (2021年8月2日). 2021年8月3日閲覧。
  9. ^ ノジマ、衛星放送参入へ ソニーグループなどから買収”. 時事通信 (2021年8月2日). 2021年8月3日閲覧。
  10. ^ 株式会社ソニー・ピクチャーズ エンタテインメントの子会社及びJCOM株式会社が出資する有料衛星放送事業譲受に関する株式取得完了のお知らせ”. 株式会社ノジマ (2021年10月1日). 2021年10月5日閲覧。
  11. ^ ソニー系、「アニマックス」など売却 ノジマ子会社に”. 日本経済新聞 (2023年12月19日). 2023年12月20日閲覧。
  12. ^ ソニー・ピクチャーズの映像パッケージソフト、ハピネットが制作・販売へ。スパイダーマンなど全作品対象”. PHILE WEB (2024年3月23日). 2024年3月24日閲覧。
  13. ^ 毎日放送『ペルソナ 〜トリニティ・ソウル〜』公式サイト毎日放送『戦場のヴァルキュリア』公式サイト

関連項目 編集

外部リンク 編集

座標: 北緯35度39分57.73秒 東経139度44分37.56秒 / 北緯35.6660361度 東経139.7437667度 / 35.6660361; 139.7437667