メインメニューを開く

青丘学院つくば中学校・高等学校

青丘学院つくば中学校・高等学校(せいきゅうがくいんつくばちゅうがっこう・こうとうがっこう、: 청구학원 쓰쿠바 중고등학교)は、茨城県石岡市柿岡に所在する全寮制私立中学校高等学校

青丘学院つくば中学校・高等学校
国公私立の別 私立学校
設置者 学校法人青丘
設立年月日 2014年4月1日
共学・別学 男女共学
中高一貫教育 中高一貫
課程 全日制課程
単位制・学年制 学年制
設置学科 普通科
学科内専門コース 特別進学コース
国際コース
高校コード 08533C
所在地 315-0116
茨城県石岡市柿岡字寺田1604-1

北緯36度14分45秒 東経140度11分4.4秒 / 北緯36.24583度 東経140.184556度 / 36.24583; 140.184556座標: 北緯36度14分45秒 東経140度11分4.4秒 / 北緯36.24583度 東経140.184556度 / 36.24583; 140.184556
外部リンク 公式サイト
Portal.svg ウィキポータル 教育
Project.svg ウィキプロジェクト 学校
テンプレートを表示
青丘学院つくば中学校・高等学校の位置(茨城県内)
青丘学院つくば中学校・高等学校

概要編集

沿革編集

  • 2012年10月9日 - 茨城県私立学校審議会の審議の結果、青丘学院つくば中学校・高等学校の設置計画が承認が適当であるとされる[2]
  • 2013年10月2日 - 茨城県私立学校審議会により、青丘学院つくば中学校・高等学校の設置認可及び学校法人青丘の寄付行為認可が適当であると答申される[3]
  • 2014年4月1日 - 開校

施設編集

寄宿舎は、4人部屋の居室から構成される。

  • 普通教室棟
  • 多目的室棟
  • 特別教室棟
  • 体育館
  • 格技室
  • 部室
  • 男子寮(青雲堂)
  • 女子寮(師任堂)・食堂

教育編集

次の内容に重点をおいている[4]

  • 日本語韓国語英語のトリリンガル教育の実施
    • 授業は日本語を、日常生活は韓国語・英語を中心に行う
    • 英語及び韓国語の週間授業時間数を多めに配分
    • 日韓相互理解の充実・強化
  • 特に英語教育に力を注いでいる
    • 早朝英語、英語プレゼンテーション、英語多読、英語圏海外語学研修などの英語能力の向上
  • 全寮制での集団生活で、自立心・思いやりの心・高い志を養う
    • 早朝英語特訓及び夜間数学特訓の実施
  • 週当たり39単位時間の授業時間数の確保
    • 月曜日から金曜日までは1日7コマ、土曜日は4コマ授業を行う
  • 年間授業週数は40週のカリキュラム[5]
    • 韓国語の授業は、中学校の各学年では週5-6単位時間、高等学校の各学年では週4単位時間
    • 英語の授業は、中学校・高等学校の各学年で週5-6単位時間
    • 社会科地理歴史公民には、韓国史の科目が開設
    • 高等学校第2学年から文系及び理系に分化される
    • 総合的な学習の時間では、中学校・高等学校の各学年とも民俗文化・風習・伝統文化などにあてる

クラブ活動編集

次のクラブが開設される予定。特にテニス指導に重点を置く方針[6]

  • 運動部 - サッカー・バドミントン・卓球・テニス・バスケットボールなど
  • 文化部 - 民族舞踊部・軽音楽部・美術部など

制服編集

学校指定の制服または韓服を授業・日常生活で使用する なお今現在は、制服のみとなっている[7]

交通アクセス編集

JR常磐線石岡駅から柿岡車庫行き関鉄グリーンバスに乗車、旭町で下車(所要時間約30分)[8]

関連項目編集

脚注及び参照編集

[ヘルプ]
  1. ^ 募集案内によれば、中学校・高等学校とも2015年度の募集人数は100人。
  2. ^ 2012年度第1回茨城県私立学校審議会の会議結果概要について (PDF) (2014年1月2日時点のアーカイブ
  3. ^ 2013年第1回茨城県私立学校審議会の会議結果概要について (PDF) (2013年10月29日時点のアーカイブ
  4. ^ この小項目に係る詳細は、教育内容課程案及びよくあるご質問を参照。
  5. ^ 課程案
  6. ^ 世界を目指すテニス指導
  7. ^ 校章・制服の「制服」による。
  8. ^ アクセスマップ

外部リンク編集