メインメニューを開く

青山 五郎(あおやま ごろう、1930年3月4日 - 2008年1月15日)は、日本の実業家。『洋服の青山』の名称で知られる紳士服チェーン大手、青山商事の創業者。広島県府中市出身現在は府中市在住[1]。日本でいち早く郊外型店舗を導入したとされる。讀賣テレビ放送社長を務めた青山行雄は兄。青山商事社長の青山理は長男[2]

略歴編集

備考編集

  • 100円ショップ大手の大創産業との合弁で「ダイソー&アオヤマ 100YEN PLAZA」を展開する「株式会社青五(せいご)」の社名は青山五郎に由来している。ちなみに青山は同社の会長も務めていた。

脚注編集

関連項目編集

先代:
(新設)
青山商事社長
1964年 - 1997年
次代:
宮前省三