メインメニューを開く

青山 正長(あおやま まさなが)は、戦国時代から安土桃山時代にかけての武将徳川家康の家臣。

 
青山正長
時代 戦国時代 - 江戸時代初期
生誕 天文18年(1549年
死没 慶長12年1月11日1607年2月7日
別名 善五郎、善左衛門、善兵衛
戒名 昌鶴
墓所 神田幡随院
幕府 江戸幕府
主君 徳川家康
氏族 青山氏
父母 青山重成
兄弟 正長重次正成
大久保忠益の娘
重長後藤光次室、青山重勝室、青山利政
テンプレートを表示

生涯編集

三方ヶ原の戦い長篠の戦いで武功があった。以後、遠江駿河甲斐平定に転戦。小牧・長久手の戦い小田原征伐でも武功があり、慶長5年(1600年)嫡男重長とともに第二次上田合戦に従軍。慶長6年(1601年)家康の孫娘珠姫前田利常に嫁ぐ際、これに代官として附属し、また加増されて2000石を領した。

参考文献編集