青年 (小説)

青年』(せいねん)は、森鴎外の長編小説。1910年3月から翌年8月まで「スバル」に連載。

一青年の心の悩みと成長を描き、利他的個人主義を主張した作品。夏目漱石の『三四郎』(1908年新聞連載)に影響されて書かれたもので、ともに青春小説の代表作。

目次

あらすじ編集

作家志望の小泉純一は上京すると、著名作家のもとを訪ねたり、親しくなった医学生大村に啓発されたりしていた。ある日劇を見に行ったとき、偶然知り合った坂井未亡人と知り合い、以後親しくなる。

次第に純一は坂井未亡人のことが忘れられなくなり、未亡人を追って箱根へ向かう。だが未亡人は岡村という画家と一緒であった。純一はそこで未亡人を、美しい肉体が横たわっているだけだと感じる。そのとき純一は、何か書こうと思えば書けるような気がした。そして当初思い描いていた現代小説ではなく、伝説を元にした小説を書こうと決心する。

映像作品編集

フジテレビ 文學ト云フ事
前番組 番組名 次番組
朝雲
(1994年8月2日)
青年
(1994年8月9日)
或る少女の死まで
(1994年8月16日)

関連項目編集

  • 自由劇場 - 第1回の公演を主人公の純一が鑑賞する。

外部リンク編集