メインメニューを開く

青春の日々」(原題: These Days)は、ジャクソン・ブラウンが作詞作曲した楽曲。1967年にニコが取り上げて以来、多くのミュージシャンにカバーされた。ブラウンの代表作の一つ。

青春の日々
ジャクソン・ブラウン楽曲
収録アルバム フォー・エヴリマン
リリース 1973年10月
録音 ロサンゼルスサンセット・サウンド(スタジオ1)[1][2]
ジャンル ロック
時間 4分41秒
レーベル アサイラム・レコード
作詞者 ジャクソン・ブラウン
作曲者 ジャクソン・ブラウン
プロデュース ジャクソン・ブラウン

フォー・エヴリマン 収録曲
Side 1
  1. テイク・イット・イージー
  2. 「泉の聖母」
  3. 「カラーズ・オブ・ザ・サン」
  4. 「幼かった私」
  5. 青春の日々
Side 2
  1. 「レッド・ネック・フレンド」
  2. 「君のきた頃」
  3. 「レディ・オア・ノット」
  4. 「僕の歌を聴かせておくれ」
  5. 「フォー・エヴリマン」

目次

ニコのオリジナル・バージョン編集

「青春の日々」は1964年か1965年、ブラウンが16歳のときに書かれた[3]。1967年1月7日、彼は自作の曲のデモテープを作り、ニューヨークにあったニコの音楽出版社にテープを持ち込んだ。当初のタイトルは「I've Been Out Walking」であり、テープの3番目に入っていた曲だった。「These Days」と改題された本作品は同年10月、ニコのデビュー・ソロ・アルバムである『Chelsea Girl』に収録された。これがオリジナル・バージョンである。

「モダンな音がほしい。アコースティックではなく」というアンディ・ウォーホールの意向により、ニコのバージョンにはブラウン自身がレコーディングに参加し、エレクトリック・ギターをフィンガー・ピッキングで演奏した[4]。プロデューサーのトム・ウィルソンはニコには告げずにストリングスとフルートをオーバーダビングした。彼女は追加されたストリングスを好まなかったと言われている[5]

ニコのバージョンは映画『ザ・ロイヤル・テネンバウムズ』(2001年)に使用された。

ジャクソン・ブラウンのバージョン編集

ブラウン自身のバージョンは1973年になって初めて発表された。それまでにニッティー・グリッティー・ダート・バンドジェニファー・ウォーンズなど多くのミュージシャンがカバーしていたが、彼は自ら吹き込むにあたってグレッグ・オールマンのバージョンのアレンジを参考にしたという(オールマンのバージョンのリリースはブラウンと同じ1973年10月)。

2枚目のアルバム『フォー・エヴリマン』に歌詞をいくつか改変して収録した。演奏者は次のとおり。ジャクソン・ブラウン(ボーカル、アコースティック・ギター)、ダグ・ヘイウッド(ベース、ハーモニー・ボーカル)、デヴィッド・リンドレー(スライド・ギター)、ジム・ケルトナー(ドラムズ)、デヴィッド・ペイチ(ピアノ)[1]

カバー・バージョン編集

脚注編集