青木 和夫(あおき かずお、1928年 - 2019年5月4日[1])は、日本政治家実業家石巻ガス創業者で、同社代表取締役社長を経て、石巻市長を務めた。

青木 和夫
あおき かずお
生年月日 1928年
出生地 宮城県雄勝町
没年月日 2019年5月4日
死没地 宮城県石巻市
出身校 東京商科大学(現一橋大学
前職 石巻ガス代表取締役社長
親族 長女:青木満里恵(石巻市議会議員)

Flag of Ishinomaki, Miyagi.svg 石巻市市長
当選回数 3回
在任期間 1972年 - 1984年
テンプレートを表示

来歴編集

宮城県雄勝町(現石巻市)生まれ[2]。石巻町立石巻商業学校(現宮城県石巻商業高等学校)、小樽高等商業学校(現小樽商科大学)を経て、東京商科大学(現一橋大学)卒業後、1952年三井船舶入社。三井船舶の出入り業者に東京ガスがいたことなどで都市ガスの時代が来ることを予感し、1959年に石巻ガスを創業して同社代表取締役社長に就任。1967年石巻青年会議所理事長。1972年石巻市長に初当選。以後3期連続で市長を務め、市道下水道日和大橋等の整備、石巻専修大学の誘致などにあたった[1][3][2]。3期での退任を理想として、1984年に退任した。2019年に自宅から石巻市内の病院に搬送され老衰のため死去した[4][2]。その後石巻グランドホテルでお別れの会が開催された。享年91[4]石巻市議会議員の青木満里恵は長女[2]。青木八州石巻ガス代表取締役社長は長男[4]

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b 元石巻市長・青木和夫さん死去 経済基盤の整備に尽力河北新報2019年05月09日木曜日
  2. ^ a b c d 青木元石巻市長が死去 日和大橋や 大学誘致に力 来月10日にお別れ会石巻日日新聞 5月9日(木)
  3. ^ 『20世紀の群像』(下巻)医療福祉・政治・経済編    2002年7月5日第1刷、三陸河北新報社(石巻かほく)、pp.46-49.
  4. ^ a b c 故青木元石巻市長しのびお別れ会 各界の代表ら冥福祈る河北新報2019年06月11日火曜日