青柳 卓雄(あおやぎ たくお、1936年2月14日[1] - 2020年4月18日)は、日本の医療機器の研究・開発技術者。新潟県出身。日本光電工業でのパルスオキシメーターの発明で知られる。

あおやぎ たくお
青柳 卓雄
生誕 1936年2月14日
日本の旗 日本 新潟県
死没 (2020-04-18) 2020年4月18日(84歳没)
研究機関 日本光電工業
主な業績 パルスオキシメーターの発明に寄与
プロジェクト:人物伝
テンプレートを表示

経歴編集

1936年2月14日、新潟県で数学教師の父と専業主婦の母のもとに生まれる[2]

1958年に新潟大学工学部電気工学科を卒業し、島津製作所に入社[1][3]

1971年に日本光電工業に移り、医療機器の開発に従事する。

1974年、同僚の岸道男とともに現代医療に必須となった機器「パルスオキシメーター」を発明した[3][4](詳細はパルスオキシメーターを参照)

1993年、関連研究により東京大学にて博士(工学)を取得[5]

2000年、パルスオキシメーター発明の功績により科学技術庁長官賞を受賞。2002年に紫綬褒章を受章した[1]

2015年、日本人として初めて「IEEE Medal for Innovations in Healthcare Technology」を受賞。

2020年4月18日、老衰のため死去[6]。84歳没。

その死去は日本国外でも報じられた。米有力紙であるニューヨーク・タイムズ[2]ワシントン・ポスト[7]ウォール・ストリート・ジャーナル[8]の3紙が追悼記事を配信。駐日アメリカ大使館も公式ツイッターアカウントにて報道を引用する形で追悼文を投稿した[9]

出典編集

  1. ^ a b c 青柳卓雄「パルスオキシメトリの誕生とその後」『日本生体医工学』第49巻第2号、日本生体医工学会、 313-315頁、2020年5月22日閲覧。
  2. ^ a b Schwartz, John; Hida, Hikari (2020年5月1日). “Takuo Aoyagi, an Inventor of the Pulse Oximeter, Dies at 84” (英語). The New York Times. ISSN 0362-4331. https://www.nytimes.com/2020/05/01/science/takuo-aoyagi-an-inventor-of-the-pulse-oximeter-dies-at-84.html 2020年5月12日閲覧。 
  3. ^ a b 2015年|プレスリリース|日本光電”. www.nihonkohden.co.jp. 2020年4月23日閲覧。
  4. ^ 日本で生まれた医療機器- パルスオキシメーター早分かり知恵袋 | コニカミノルタ
  5. ^ 青柳卓雄, 「生体組織透過光の脈動に基づく血中吸光物質濃度の無侵襲測定(脈波分光法)の研究」 東京大学 博士論文, 1993年, 乙第11517号, NAID 500000119697
  6. ^ “パルスオキシメーターを発明、青柳卓雄さん死去”. 朝日新聞. (2020年4月23日). https://www.asahi.com/articles/ASN4R74VJN4RULBJ00D.html 2020年4月23日閲覧。 
  7. ^ Takuo Aoyagi, whose pulse oximeter helps hospitals fight coronavirus, dies at 84”. The Washington Post. 2020年5月12日閲覧。
  8. ^ Hagerty, James R. (2020年5月8日). “Takuo Aoyagi Found Way to Monitor Oxygen Levels in Blood” (英語). Wall Street Journal. ISSN 0099-9660. https://www.wsj.com/articles/takuo-aoyagi-found-way-to-monitor-oxygen-levels-in-blood-11588946400 2020年5月12日閲覧。 
  9. ^ アメリカ大使館 (2020年5月1日). “多くの人々の命を救い、#新型コロナウイルス の診断や治療に重要なツールである、パルスオキシメーターを発明した青柳卓雄氏のご冥福をお祈りいたします。” (日本語). @usembassytokyo. 2020年5月12日閲覧。

関連項目編集