青猫の街』(あおねこのまち)は、涼元悠一による小説。第10回日本ファンタジーノベル大賞優秀賞受賞作。題名は萩原朔太郎の「青猫」から採られている。

青猫の街
著者 涼元悠一
発行日 1998年12月20日
発行元 新潮社
ジャンル 単行本
日本の旗 日本
言語 日本語
コード ISBN 4-10-427101-2
[ Wikidata-logo-en.svg ウィキデータ項目を編集 ]
テンプレートを表示

黎明期のインターネットを題材とした小説。コンピューター、インターネットの慣習を踏襲し、本文が横書きで書かれていることが特徴。

主要登場人物編集

  • 神野俊幸 - 主人公。システムエンジニア。突然消えたAの行方を追う。
  • A - 主人公の親友。アパートにPC9801VMだけを残し忽然と消える。
  • 佐伯敬次郎 - 探偵。通称センセイ。

ストーリー編集

1996年10月。主人公である神野俊幸は、一台のパソコンを残して突然行方不明になった友人Aを探偵、佐伯敬次郎 とともに捜索中、「青猫」とよばれる存在にたどり着く。

彼はインターネットを駆使し、「青猫」に迫ろうとするが…。

外部リンク編集