青色革命』(あおいろかくめい)は、1953年6月10日に公開された日本映画。製作、配給は東宝モノクロスタンダード。上映時間は107分。照明を担当した石井長四郎が日本映画技術賞照明賞を受賞している。

製作編集

  • 藤本真澄が持ち込んだ企画で、前作『プーサン』の企画を快諾して貰った返礼として市川崑が監督を担当した。市川が監督になった時には、猪俣勝人が書き上げた脚本が完成しており、市川は石川達三の原作を読んでから脚本を読み始めたが、服装や時系列が曖昧なのに話は面白くできている猪俣の脚本に、若干の戸惑いを覚えたという[1]。本作で木下恵介監督の『善魔』でデビューした三國連太郎を初めて起用している。

スタッフ編集

キャスト編集

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ 『完本 市川崑の映画たち』、2015年11月発行、市川崑・森遊机、洋泉社、P93~94