メインメニューを開く

青苗文化(あおなえぶんか)は、擦文時代平安時代)の渡島半島日本海側に存在した、擦文文化と本州土師器文化とのクレオール的文化である。

概要編集

擦文土器と土師器の折衷型である青苗文化土器が使用された。14-15世紀、渡島半島には渡党と呼ばれる集団がいたが、考古学者の瀬川拓郎は、かれらは青苗文化の担い手の末裔であったと考えている。

参考編集