メインメニューを開く

青蔵公路(せいぞうこうろ)はチベット高原を横断する道路の一つである。109国道の一部であり、青蔵鉄路開通前は青蔵線(せいぞうせん)と呼ばれていた。基点は青海省西寧市で終点はチベットラサ市ゴルムド市までは青海湖の南を通り鉄道と離れているが、ゴルムドからラサの間は青蔵鉄路とほぼ平行している。道路の平均高度は海抜4500mで雪線を超えているが、他のチベットへの道路(新蔵公路川蔵公路)に比べれば道路状況は安定している。青蔵公路の建設は主に人民解放軍により行われた。当時の指導者は慕生忠将軍で青蔵公路の父と称されている。道路はチベット情勢に重要な役割を発揮し、1962年中印国境紛争に於いて中国軍の最も重要な補給線となった。

青蔵公路
Qingzangxian.JPG
青藏公路と青蔵鉄路
各種表記
繁体字 青藏公路
簡体字 青藏公路
拼音 Qīng​zàng​ Gōng​lù​
発音: チンツァン ゴンルー
英文 Qinghai-Tibet Road
テンプレートを表示

規格編集

国家二級公路幹線であり、道路幅員は10m、最大勾配7%、最高制限速度は時速60kmである。[1]

沿革編集

里程・海抜編集

自治区 地級市自治州地区 県級市、地名 距離(km) 標高(m)
青海省 西寧市 西寧市(起点) 0 2200
湟源県 49 2600
海西モンゴル族チベット族自治州 都蘭県 423 3100
ゴルムド市 ゴルムド 783 2600
納赤台 861 3600
崑崙山口 1000 4767
玉樹チベット族自治州 五道梁 1052 4500
ゴルムド市 沱沱河大橋 1278 4580
チベット自治区 ナクチュ市 タンラ山口 1394 5231
アムド県 1483 4700
セニ区 1621 4507
ラサ市 ダムシュン県 1785 4265
ヤンパチェン鎮英語版 1860 4300
トゥールン・デチェン県 1905 3640
ラサ市中心部(終点) 1917 3650

主な接続路線編集

青海省編集

チベット自治区編集

関連項目編集

外部リンク編集

註釈・参考資料編集