静けさはほほえみつつ

静けさはほほえみつつ』(しずけさはほほえみつつ、イタリア語Ridente la calma )K.152(210a) は、ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルトが作曲した歌曲

モーツァルトの死後、1799年に妻コンスタンツェブライトコップ・ウント・ヘルテル社に送った草稿を基に出版されたが、その後自筆譜は紛失した。

概要編集

モーツァルトの歌曲の中では比較的よく知られた作品であるが、偽作の論争の多い曲である。1772年から1775年の間にかけてザルツブルクイタリアウィーンミュンヘンのいずれかで作曲されたといわれているが、上記の通り自筆譜が紛失したため正確な年代も場所も特定できていない。またイタリア旅行の際に作曲したという説があるが、これは有力とされている。

偽作の論争の多い曲ということから、ドメニコ・チマローザの作という説もあった。「ケッヘル第6版」はこれを真作の部に収録しているが、「新モーツァルト全集」では、これをAnhang(付録)の参考作品として収容している。現在では、ヨゼフ・ミスリヴェチェクのオペラ『アルミーダ英語版』の第3幕第1場のアリア「私の愛しい人 Il caro mio bene」を編曲したものだと考えられている。

作品はドイツ語ではなく、作詞者不明のイタリア語の歌詞であるため、リートではなくカンツォネッタに分類される。

構成編集

曲は2節の構成であるが、第1節が最後に反復される三部形式となっている。また70小節と、それまでにない大型のものである。

外部リンク編集