メインメニューを開く

韓国プロレスリング連盟

韓国プロレスリング連盟(かんこくプロレスリングれんめい)は、かつて存在した韓国プロレス団体

歴史編集

1968年、大韓プロレス協会の支援を受けて設立して旗揚げ戦を開催。大木金太郎こと金一が会長に就任してNWAに加盟。

2000年、大韓プロレス協会と袂を分かち、かつてアメリカロサンゼルスに存在したWWAを復活させた(金一がかつてWWA世界ヘビー級のタイトルを保持していた縁によるもの)。2009年にボブ・サップが獲得したWWA世界ヘビー級王座はこの団体が管理するものである。

日本プロレスリング・ノアLLPWメキシコAAAと業務提携を結んでいた。

2011年12月17日、金一記念体育館が金一の地元の全羅南道高興郡錦山面居金島で開館。日本、韓国、アメリカ、メキシコカナダの5ヶ国の選手が集まりこけら落とし興行が開かれ日本からはDDTプロレスリングアイスリボンの選手が参加[1]

タイトル編集

脚注編集