大木金太郎

韓国出身の日本のプロレスラー

大木 金太郎(おおき きんたろう、1929年2月24日 - 2006年10月26日)は、大韓民国日本統治時代の朝鮮)・全羅南道高興郡金山面出身のプロレスラー。本名は金一(キム・イル、김일)。身長185cm、体重120kg(現役当時)。生年については当初1933年と公表していた。1994年国民勲章石榴章[1]、2000年体育勲章猛虎章、2006年体育勲章青龍章追叙[2]。韓国では「大韓プロレス」のエース兼プロモーターとして、韓国プロレス界の発展に尽力した。

大木 金太郎
Kintaro Ohki
Kintaro Ohki 1962 Scan10015 161022.jpg
『プロレス&ボクシング』1962年4月号増刊より
プロフィール
リングネーム 大木 金太郎
キム・イル
本名 金一
ニックネーム 韓国の猛虎
身長 185cm
体重 120kg
誕生日 1929年2月24日
死亡日 (2006-10-26) 2006年10月26日(77歳没)
出身地 大韓民国の旗 韓国
全羅南道高興郡金山面
トレーナー 力道山
ミスター・モト
芳の里淳三
デビュー 1959年11月
引退 1995年4月2日
テンプレートを表示

来歴編集

韓国ではシルム選手として活躍[3][4]

1958年、同郷の英雄力道山に憧れて漁船日本に密入国し、プロレス入りのチャンスをうかがっていたが、1959年入管法違反で逮捕される[4]。力道山が身元引受人となり、日本プロレスコミッショナー大野伴睦代議士を動かしたことで釈放され、日本プロレスに入門して同年11月にデビュー[4]。翌年にはジャイアント馬場アントニオ猪木がデビューしており「若手三羽烏」と称された。

1963年アメリカ武者修行に旅立ち、ロサンゼルスWWAでは日系アメリカ人レスラーのミスター・モトとのタッグチームで活動、12月10日にベアキャット・ライト&レッド・バスチェンを破りUSタッグ王座(後のWWA世界タッグ王座)を獲得するなどしたが[5]、同年12月8日に力道山が刺され12月15日に死亡したことで、力道山を心の拠り所にしていた大木は居場所がなくなり、韓国へ一旦帰国した。

1964年9月より再びアメリカへ渡り、10月16日にテキサス州ヒューストンにおいてルー・テーズNWA世界ヘビー級王座に挑戦。この試合で大木はテーズにセメントを仕掛け、原爆頭突きの乱打を放ったが、テーズから返り討ちに遭ってレフェリーストップ負けを喫し、顔面を24針縫う重傷を負った[6]

1965年8月11日、ソウルでの芳の里との王者決定戦に勝利して、極東ヘビー級王座を獲得[7]。以降、翌1966年12月にタイトルを返上するまで、リッパー・コリンズジョー・スカルパキラー・カール・コックスターザン・ゾロなどを挑戦者に、日本と韓国を股に掛けて防衛戦を行った[8]

その間、1966年10月に豊登東京プロレスを旗揚げし、猪木も日本プロレスを去って東京プロレスに参加したため、日本プロレスはその穴埋めに大木を韓国から呼び戻すと、「金剛山金太郎」のリングネームで売り出そうとしたが失敗。「大木金太郎」へと戻り馬場に次ぐ日本プロレスNo.2のレスラーとして活動していたが、活動を停止した東京プロレスから猪木が日本プロレスへ復帰してきたことで、再び馬場と猪木の陰に隠れた存在となった。

1967年4月29日、韓国のソウルでマーク・ルーインからWWA世界ヘビー級王座を獲得、名実共に韓国プロレス界のトップに立ったが、3カ月後にロサンゼルスでマイク・デビアスに奪取されている[9]。この頃「二代目力道山襲名[6]」「国際プロレス移籍[10]」という話もあったがいずれも実現しなかった。

1968年11月9日、ソウルにてバディ・オースチンを破り、力道山の死去により空位となっていたアジアヘビー級王座を獲得[11]。以降、バスター・ロイドブル・ラモスマリオ・ミラノクラッシャー・リソワスキー、ミスター・アトミック、ジン・アンダーソンプリンス・イヤウケアブルート・バーナードらを相手に王座を防衛[12]1971年1月にビル・ドロモにタイトルを奪われるも翌月には奪回に成功[11]、その後もドン・レオ・ジョナサンボブ・カーセンドン・デヌーチミスター・レスリングなどの挑戦を退けた[12]

上田馬之助の密告事件を発端に猪木と馬場が相次いで日本プロレスを退団し、それぞれが新団体を創立したことにより、遂に「日本プロレス」No.1の地位を獲得、1972年12月1日にボボ・ブラジルとの「頭突き世界一決定戦」がインターナショナル・ヘビー級王座の決定戦となり第一戦は敗れるも、3日後の再戦で勝利してインター王座を獲得した。その後、ビリー・レッド・ライオンフリッツ・フォン・エリックを相手に防衛戦を行うが、馬場と猪木の抜けた穴は大きく、さらには当時金網デスマッチの人気が沸騰していた国際プロレスの猛追に遭うなど、日本プロレスの人気は急激に凋落。坂口征二が日本プロレスのテレビ中継をしていたNETの意向を受けて新日本プロレスとの合併を模索するが(名称は「新・日本プロレス」を予定されていた)、大木は「日本プロレスの灯を消すな!」と、これに猛反対して合併話を潰してしまう。結果として坂口は退団、同時にNETは1973年3月に新日本プロレス中継開始を正式発表するなど(大木は当初「NETは隔週で日本プロレスの中継を放送してくれると思う」と楽観視していた)、新日本プロレスへの乗り換えを招き、日本プロレスは同年4月に崩壊した[13]

1973年の日本プロレス崩壊後は一旦他の日本プロレス選手とともに全日本プロレスに入団するが、対等合併と仲介者に聞かされていたのに実質吸収合併でありマッチメイクで冷遇されたことから退団。インターおよびアジアヘビーの防衛戦が組まれずに不満がたまっていたところに、馬場がザ・ファンクスの保持していたインターナショナル・タッグ王座に挑戦した際、パートナーに大木ではなく新人の鶴田友美が起用されたことが決定的な原因だったという。

その後、新日本プロレスに参戦し、1974年10月10日、蔵前国技館にて猪木とのシングル戦を行う(セコンドは元日プロ社長:芳の里、元日プロ幹部:九州山[要曖昧さ回避]ら)。この試合は猪木が大木の頭突きをひたすら受け続けてバックドロップで仕留め、試合終了後には二人が感極まって抱き合うという、猪木にとっても大木にとっても後世に残る名勝負となった。ただ坂口とは日本プロレス崩壊時の「俺が新日本と合併しようとしたのを潰して追い出しておいて何を今さら」という遺恨から、プロレス史に残る壮絶な喧嘩マッチを展開する。ソウルで猪木の挑戦を受けてインターナショナル・ヘビー級王座の防衛戦を行ったこともあるが、これは猪木唯一のインター戦となった[14]。新日本プロレスのリングでは、1975年4月開幕の第2回ワールドリーグ戦にも出場[15]。猪木、坂口をはじめ、ストロング小林マサ斎藤キラー・カール・クラップスーパー・デストロイヤーとも対戦した[16]

1975年10月30日、蔵前国技館にて馬場とのシングル戦が実現。6分49秒で馬場がフォール勝ちを収めた。その後は再び全日本を主戦場とするようになり、同年12月にはオープン選手権および力道山十三回忌追悼興行(「頭突き世界一決定戦」と題されたアブドーラ・ザ・ブッチャー戦)に出場。1976年には日本プロレスの崩壊で消滅したアジアヘビー級王座が復活、最終王者だった大木が継続して選手権保持者となり、全日本プロレスにおいてもワルドー・フォン・エリックジャンボ鶴田、馬場との防衛戦が行われた[12]。1976年10月28日には、愛弟子のキム・ドクをパートナーに、馬場&鶴田を破ってインターナショナル・タッグ王座を獲得[17]1977年12月にはドクとのコンビで世界オープンタッグ選手権」に参加した。1978年1979年には世界最強タッグ決定リーグ戦にも連続して参加している(1979年のパートナーはキラー・トーア・カマタ)。大木&ドクの韓国師弟コンビと馬場&鶴田の全日本師弟コンビの抗争は、この時期の全日本プロレスのドル箱カードであった。

1979年10月5日に後楽園ホールで行われた国際プロレスの3大タイトルマッチへも特別参戦し(当日は国際プロレスのシリーズに参戦していたジョー・ルダックが全日本プロレスに大木の代役で出場)、上田馬之助とのコンビでマイティ井上&アニマル浜口が保持するIWA世界タッグ王座に挑戦したものの、試合中に上田と仲間割れを起こし敗退。1980年2月18日に国際プロレスへ入団[18]。日本では長く封印状態にあったインターナショナル・ヘビー級王座の防衛戦が、ルダック、ジプシー・ジョー、ドロモ、上田らを挑戦者に行われた[14]。同年3月31日には後楽園ホールにてニック・ボックウィンクルAWA世界ヘビー級王座にも挑戦[19]。同年10月5日には金沢市にて、アレックス・スミルノフとの金網デスマッチを行っている[20]。しかし、同年11月から試合を欠場し、そのまま離脱した[21]

その後、全日本プロレスからの「NWAが認定しているインターナショナル・ヘビー級選手権のタイトルマッチを、NWAに加盟していない国際プロレスで実施したのはNWAメンバーとして問題である(大木は馬場の推薦で、韓国のプロモーターとしてNWAに加盟していた)」という勧告に応じてインター王座を返上、全日本プロレスで復活させている(引き替えに1977年に馬場に奪取されて以降、そのまま封印されていたアジアヘビー級王座が大木に返還されている)。これを機会に再び全日本プロレスに参戦するようになったが、1982年阿修羅・原戦を最後に、首の持病が悪化し事実上の引退となった。

引退セレモニー、その後編集

1995年4月2日に行われたベースボール・マガジン社週刊プロレス)主催のオールスター戦「夢の懸け橋東京ドーム大会で、それまでの功績を讃えて正式な「引退セレモニー」が行われた。

車椅子姿で花道を入場してきたが、リング・インの際は気丈に立ち上がり、ルー・テーズと共にリング内に進むと四方へ頭を下げ、ファンの声援を受けると現役時代からであるが流暢な日本語で「(感激で)胸がいっぱいで声が出ません」と涙を流した。ファンへの感謝とお詫びの言葉、力道山との思い出などを語り、引退のテン・カウントを聞くと眼を閉じて号泣した。リングを降りる間際ニュートラル・コーナーへ歩み寄ると、鉄柱に頭を付け愛おしそうに撫で、リングをあとにした。

自宅が火災に遭い全焼してしまい、持っていた過去のビデオや資料がすべて焼失してしまった。その後、日本のプロレスファンから、自身の試合を収録したビデオを贈られた際には感激したそうである。

2005年9月の「月刊朝鮮」によると、ソウル市内の病院に入院中で、頭突きの後遺症による脳血管疾患[22]高血圧心不全・下肢浮腫を患っている状態であったという。体重は78kgほどまで落ち、10年前に再婚した夫人が看病に当たっていると韓国国内に報じられた[23]

2006年9月9日、韓国ソウルのソウル蚕室総合体育館で開かれた「世界プロレスリング協会(WWA)2006ソウル大会」に、数少なき後輩たちのファイトを見守るために姿を現した。車椅子に乗った大木ことキム・イルが現われると、2000人あまりの観衆たちは熱い拍手を送り、彼の名前を連呼した。痛風にもかかって体の調子が相変わらずよくはないが、「今大会のような世界的大会が今後も開催されるように、韓国プロレスの発展のお手助けになりたい。多くの方々が心配してくれたお陰で健康状態がよくなった。熱心に後輩たちを後援するつもりだ。今後もファンがプロレスに多くの声援を送ってくだされば良いと思う」とのメッセージを残した。

最晩年にテレビ番組の企画でアントニオ猪木が闘病中の大木の自宅を訪問している。大木と猪木は再会を大いに喜び、若き日の思い出話を語り合った。若手時代の猪木は力道山に徹底的にしごかれ、時には付き人として理不尽な仕打ちを受けていたが、最も親身に相談に乗ってくれたのは大木だったという。なお、猪木のデビュー戦の相手は大木が務めている。プロレス界においてタブーともいえる「トップレスラーの得意技を使用してはいけない」という暗黙の了解を大木が破り、卍固めを使用した際も猪木は「大木さんの技は首を極めておらず、僕の卍固めとは別物でしょう」として咎めることは無かった。

2006年10月26日、ソウル乙支病院において慢性心不全と腎臓血管異常による心臓麻痺により死去[24][25]。77歳没。

大木が没して14年後となる2020年、大韓民国国家報勲処は大木(金一)が韓国スポーツ界発展に尽くした功績を評価し、国家顕彰者として大田市国立大田顕忠院朝鮮語版国家社会貢献者墓域(国立墓地)に大木を改葬することを決定し、5月22日に大木の遺骨が納骨された[26]

獲得タイトル編集

WWA
  • WWA世界ヘビー級王座:1回[9]
  • WWA USタッグ王座:1回(w / ミスター・モト)[5]
日本プロレス

得意技編集

ヘッドバット
大木は石頭として知られ、ヘッドバットと言うより「頭突き」と言った方が当てはまる。片手で相手の頭を鷲掴みにし一本足の体勢から投球フォームのように繰り出す独特の頭突きスタイルは「原爆頭突き」(または「一本足頭突き」)と呼ばれ、リングガウンの背中には原爆投下時のキノコ雲のような噴煙も描かれた。同じくヘッドバットの使い手であったボボ・ブラジルとの試合はヘッドバット合戦になることで知られた。大木のヘッドバットは後に藤原喜明に受け継がれ、藤原も一本足ヘッドバットの使い手として有名である。
サードロープに足をかけて落差を付けるバージョンも存在する。
X字固め
独自のアレンジを加えた変形卍固め。相手の首に足をかけず、後頭部を膝で内側へ押し込むことで脱出を困難にする。国際プロレス末期のフィニッシュ・ホールドである。
なお日本プロレス時代、猪木とほぼ同型の卍固めを使用していた時期がある。
急所打ち
アトミック・ドロップとは逆方向で、向かい合った状態で相手に対してダブル・レッグ・ダイブで抱え上げ、右足を突き出す形で片膝立ちになり、腿に相手の股間を叩きつける。全日で馬場と抗争を展開していた頃に使用していた。実況中継では反則技扱いされていたが、アドリアン・アドニスが「マンハッタン・ドロップ」の名称で使っていた技とほぼ同じで、アドニスの技は反則扱いされていない。

入場テーマ曲編集

逸話編集

  • 豊登、猪木の日本プロレス離脱により、馬場に次ぐ二番手の地位を築いていた大木であったが、猪木の日プロ復帰、坂口の入団などにより中堅の地位に甘んじていた1968年1月には、国際プロレス(当時はTBSプロレス)への移籍話が取り沙汰された。TBSプロレスは旗揚げシリーズで、エース候補として売り出しを図ったグレート草津サンダー杉山がことごとくタイトルマッチ(TWWA世界ヘビー級選手権)でルー・テーズに敗れ、当初は看板選手として売り出す考えのなかった豊登まで駆り出されるなど、日本人陣営が手薄である事は明白であった。そこで、当時TBSプロレスのブッカーであったグレート東郷が大木に接触し、TBSプロレスへの移籍に一旦は合意。大木は一時は日プロに辞表を提出、TBSプロレスの興行が行われる予定の仙台へ来場したが、日プロ後援者らの介入で直前でこれを阻止され、大木はTBSへの移籍を断念する結果となった。この一件が後にユセフ・トルコによる東郷への暴行事件の伏線の一つとなった。
  • 得意技に頭突きを選んだ理由としては、当時朝鮮系は石頭というステレオタイプ的なイメージから力道山が「お前は韓国人だから頭を鍛えなさい」といわれたことに依拠する。映画力道山での初登場シーンは掛け声とともに鉄柱に突進するシーンである
  • 日本プロレスの崩壊後、韓国を拠点にしつつ、新日本・全日本の両団体に参戦していた大木であったが、1980年2月には『国際プロレスアワー』の視聴率の低迷にあえぐ東京12チャンネル(現在のテレビ東京)に乞われる形で、国際プロレスに入団[18]し、2月シリーズである「'80スーパー・ファイト・シリーズ」から参戦した。しかし、国際プロレスの社長であった吉原功は全く関知しておらず、国際側と12チャンネル側の関係がさらにギクシャクする形となったことは否定できなかった。結局、大木入団後における『国際プロレスアワー』の視聴率は低下し(開始当初からのディレクターが人事異動により抜けた影響もある)、大木自身も11月1日開幕の「'80デビリッシュ・ファイト・シリーズ」開催中の同年11月8日に退団[21](退団後の「'81新春パイオニア・シリーズ」のポスターにも大木の写真が掲載されていた)。翌年には、国際プロレスは12チャンネルから放映を打ち切られて崩壊した。
  • 1968年12月1日、宮城県スポーツセンター大会で、大木は左耳の半分が削がれ、大流血する壮絶なリング・アクシデントを経験している。この試合では大木は猪木とタッグを組み、ブルート・バーナード&ロニー・メインと対戦。大木の執拗な挑発に対してバーナードは角材を持ち出した。大木はその角材を自慢の石頭で受けようとし、頭を固定するため軽く首を振った瞬間に、バーナードが振り下ろした角材が左耳を直撃。上半身を鮮血で染めるほどの大流血となった。試合後、大木は病院に直行し14針縫合したが、医師の話では「あと2センチほどで左耳は完全に削ぎ落ちていた」というほどの大怪我であった。同様なケースとして、1959年にキラー・コワルスキーユーコン・エリックの左耳を削ぎ落としてしまった事故が挙げられる。
  • 1970年代後半に交通事故により重傷を負い、一命は取り留めたものの後遺症が残った。頭蓋骨の中に食い込んだガラスの破片は手術を重ねても完全に取り除くことが出来ず、時折激しい痛みに襲われたという。それでも復帰後のリングでは得意の頭突きを放ち会場を沸かせたが、頭蓋骨に食い込んだガラスによって皮膚が破れ、ほぼ確実に流血するようになってしまった。関係者は頭突きの使用を控えるよう進言したが、「使うと痛いからという理由で技を封印したとなれば、試合を見に来てくれるお客(ファン)は失望する」として頑として聞き入れず、頭突きにこだわり続けた。
  • 少年時代に愛犬の珍島犬を日本軍の防寒具用に徴用された。愛犬は一旦は脱走して戻ってきたが連れ戻された。大木は守ってあげられなかった後悔の念から1994年に愛犬の石碑を建て、碑文に「二度とこの地で草一本犬一匹も外勢の犠牲となることがないように願う」などを記した[30]
  • 大木ファンであった朴正煕大統領(当時)に願いを問われた際に「故郷に電気を通して欲しい」と請願したことから、他の離島に先んじて1968年に居金島に電気が開通した[31]
  • 2003年3月6日に高陽市一山チョンア公園で行われた生誕イベントでデザイナーのアンドレ・キムからガウンが贈呈された。イベントにはアブドーラ・ザ・ブッチャーも出席した[32]
  • 2011年12月17日、出生地の居金島に記念館を併設したキム・イル記念体育館が開館し、銅像の除幕式も行われた[33]

脚注編集

  1. ^ 京郷新聞 1994年4月26日号
  2. ^ 정부, 고 김일씨에게 체육훈장 청룡장 추서ハンギョレ 2006-10-27
  3. ^ 스토리텔링이 있는 힐링여행<61>박치기왕 김일 선수慶南日報 2018年1月7日
  4. ^ a b c 『THE WRESTLER BEST 1000』P128(1996年、日本スポーツ出版社
  5. ^ a b WWA United States Tag Team Title (Los Angeles)”. Wrestling-Titles.com. 2019年3月19日閲覧。
  6. ^ a b 『Gスピリッツ Vol.27』P84-85(2013年、辰巳出版ISBN 4777811476
  7. ^ a b Far East Heavyweight Title”. Wrestling-Titles.com. 2017年5月29日閲覧。
  8. ^ 極東ヘビー級選手権”. Rodmann's Pro-Wrestling Site. 2019年3月19日閲覧。
  9. ^ a b WWA World Heavyweight Title”. Wrestling-Titles.com. 2014年9月23日閲覧。
  10. ^ 『Gスピリッツ Vol.15』P72(2010年、辰巳出版、ISBN 477780772X
  11. ^ a b c All Asia Heavyweight Title”. Wrestling-Titles.com. 2019年3月19日閲覧。
  12. ^ a b c 『1945-1985 激動のスポーツ40年史 (6) プロレス 秘蔵写真で綴る激動史』P155(1986年、ベースボール・マガジン社
  13. ^ 『週刊プロレスSPECIAL 日本プロレス事件史 Vol.2』P24 -P25(2014年、ベースボール・マガジン社、ISBN 9784583621876
  14. ^ a b インターナショナル・ヘビー級選手権”. Rodmann's Pro-Wrestling Site. 2019年3月19日閲覧。
  15. ^ NJPW 1975 The 2nd World League”. Puroresu.com. 2019年3月19日閲覧。
  16. ^ The NJPW matches fought by Kintaro Oki in 1975”. Wrestlingdata.com. 2019年3月19日閲覧。
  17. ^ a b NWA International Tag Team Title”. Wrestling-Titles.com. 2019年3月19日閲覧。
  18. ^ a b 『忘れじの国際プロレス』P111(2014年、ベースボール・マガジン社、ISBN 4583620802
  19. ^ 『忘れじの国際プロレス』P103(2014年、ベースボール・マガジン社、ISBN 4583620802
  20. ^ IWE Dymamite Series 1980”. PURORESU.COM. 2015年3月10日閲覧。
  21. ^ a b 『忘れじの国際プロレス』P99(2014年、ベースボール・マガジン社、ISBN 4583620802
  22. ^ この脳血管疾患はいわゆるパンチドランカーの症状であったとされる。
  23. ^ 朴正煕大統領、大木金太郎に「反則禁止令」出していた” (日本語). 朝鮮日報 (2005年9月21日). 2011年2月23日閲覧。
  24. ^ 聯合ニュース速報(日本語版)[リンク切れ]
  25. ^ 【訃報】大木金太郎さん77歳=元プロレスラー” (日本語). 朝鮮日報 (2006年10月26日). 2011年2月23日閲覧。
  26. ^ "大木金太郎こと金一、韓国国立顕忠院に埋葬". Chosun ONLINE. 朝鮮日報社. 22 May 2020. 2020年5月22日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年5月22日閲覧
  27. ^ NWA International Heavyweight Title”. Wrestling-Titles.com. 2017年5月29日閲覧。
  28. ^ All Asia Tag Team Title Title”. Wrestling-Titles.com. 2017年5月29日閲覧。
  29. ^ 『忘れじの国際プロレス』P90(2014年、ベースボール・マガジン社、ISBN 4583620802
  30. ^ 박치기왕 임종 이틀 전…“내 머릿속 큰 돌멩이 좀 빼줘”中央サンデー 2018.01.28
  31. ^ '박치기왕' 김일의 고향 전남 고흥 거금도ソウル新聞 2012-08-22
  32. ^ 한국레슬링의 영원한 영웅 김일-김일 사진전시회 스케치オーマイニュース 2003.03.07
  33. ^ 金一の記念体育館が開館MINDAN 2011.12.21

関連項目編集

参考資料編集

外部リンク編集