音楽専科社

かつて存在した日本の出版社

音楽専科社(おんがくせんかしゃ)は、かつて存在した日本出版社。音楽誌、写真集などを出版していた。

株式会社音楽専科社
ONGAKUSENKASHA Co.,Ltd.
種類 株式会社
本社所在地 日本の旗 日本
169-0075
東京都新宿区高田馬場1-31-16[1]
守山ビル6F
設立 1966年
業種 情報・通信業
法人番号 6010001039799 ウィキデータを編集
代表者 破産管財人 永野剛志[1]
主要子会社 株式会社連合通信社[1]
外部リンク http://www.ongakusenkasha.co.jp/
テンプレートを表示

沿革編集

発行していた雑誌編集

定期発行編集

  • ARENA37℃ - J-POP専門誌
  • ARENA37℃ SPECIAL - 『ARENA37℃』の増刊
  • Cool-up - 男性俳優情報誌
  • Cool-up Idol - 女性アイドル情報誌
  • IMADOKI!! - 総合ガールズ誌
  • Pick-up Voice - 声優情報誌『hm3 SPECIAL』と統合。破産に伴い、編集中だった号のみ辰巳出版が継承し『声優 Pick-up Actor Vol.1』として発行。
  • SHOXX - ヴィジュアル系専門音楽誌

『Pick-up Voice』、『SHOXX』は、EMTG株式会社が2017年より引き継いだ[3][4]。『Pick-up Voice』は2019年8月26日発売の10月号をもって休刊[5]

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c d e (株)音楽専科社ほか1社~ビジュアル系ロック雑誌「SHOXX」ほか発刊~ - 東京商工リサーチ・TSR速報、2016年10月19日配信、2016年10月20日閲覧
  2. ^ 倒産速報・株式会社音楽専科社”. 帝国データバンク (2016年9月20日). 2016年9月20日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年9月10日閲覧。
  3. ^ 表紙のデザインもそのまま! 音楽専科社破産から休刊状態だった「Pick-up Voice」が復活![リンク切れ] - T-SITEニュース
  4. ^ “V系専門誌「SHOXX」、EMTGより復刊”. 音楽ナタリー (ナターシャ). (2016年12月27日). http://natalie.mu/music/news/214940 2020年5月13日閲覧。 
  5. ^ 声優情報誌の「Pick-up Voice」が休刊、22年の歴史に幕”. 不景気.com (2019年8月19日). 2020年5月13日閲覧。

外部リンク編集