メインメニューを開く
須磨浦公園

須磨浦公園(すまうらこうえん)は、兵庫県神戸市須磨区一ノ谷町にある公園

目次

概要編集

神戸市の鉢伏山・鉄拐山山麓の斜面やその周辺からなる、面積約103.8ヘクタールの公園である。神戸市が管理・運営している。24時間入園可能で、入園料は無料。

もともとは帝室林野局が管理する一ノ谷御料林であった。景勝地であることから神戸市議会で決議のうえ、昭和天皇の成婚記念に御料林及び松原の有償払い下げを受け、1935年(昭和10年)に開園した。この時すでに一ノ谷御料林の一部を借り受けて明治23年頃から営業していた旅館「須磨花壇」ら(払い下げについても内定済みであったという)との間で訴訟に発展している[1]。このような形で営業していた旅館や保養施設は複数あり、そのうちの一つに後述の正岡子規結核療養のために入院した「須磨保養院」があった[2][3]。これらの旅館や保養施設は結局立ち退きを余儀なくされた。

歴史的には源平の古戦場、一ノ谷の戦いの地としても知られ、神戸市指定有形文化財の「敦盛塚」などの史跡がある。また、与謝蕪村松尾芭蕉、正岡子規、高浜虚子などの句碑も園内に設置されている。

サクラの名所としても知られ、神戸市の「花の名所50選」にも選ばれている。

交通編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 『一ノ谷御料林払下を繞る縺れ』神戸新聞 1935.4.28 - 神戸大学 電子図書館システム”. www.lib.kobe-u.ac.jp. 2019年2月24日閲覧。
  2. ^ 現在も公園に隣接する須磨浦病院の前身である須磨浦療病院(明治22年創設)ではない
  3. ^ レファレンス事例詳細”. レファレンス協同データベース. 2019年2月24日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集

座標: 北緯34度38分32.8秒 東経135度5分52.2秒