メインメニューを開く

須藤 出穂(すどう いずほ、1923年(大正12年)3月29日 - 1998年(平成10年)7月10日[1])は、日本の脚本家

東京出身[1][2]東京大学文学部国史学科卒業(1950年[2]。在学中の1949年NHK専属ライター室に入り、ラジオドラマを手がける。その後、テレビドラマにも進出。1989年には、中野区教育委員に就任した。[2]

目次

脚本編集

テレビドラマ編集

テレビドキュメンタリー編集

  • ルイズ・その絆は~関東大震災60年目 (1982年11月3日、RKB毎日放送) 「第37回芸術祭優秀賞」「地方の時代賞」受賞
  • おおわがライン川[1][3]
  • この春筑豊で[3]
  • 突撃一番―従軍慰安婦たち[3]

こども番組編集

戯曲編集

  • 判官どのに乾盃[1]

著書編集

  • バス通り裏 / 筒井敬介共著 くろしお出版 1959

脚注編集