メインメニューを開く

風刺漫画

現実の社会や政治を風刺することを目的とする漫画の一ジャンル
ジョルジュ・ビゴーの「魚釣り遊び」(Une partie de pêche)。
『トバエ』1号(1887.2.15)
魚(朝鮮)を釣り上げようとする日本と中国()、横どりをたくらむロシア

風刺漫画(ふうしまんが)とは、現実の社会政治風刺することを目的とする漫画の一ジャンルである。新聞では社説コラムなどとともに掲載される事が多く、1コマ4コマといったように比較的短い作品が中心となる。

また、イギリスの風刺漫画雑誌『パンチ』から、「ポンチ絵」・「パンチ絵」という風刺・寓話要素を込めた絵を指す言葉が生まれたが、現在では漫画そのものを指す語として用いられることも多い。

日本で風刺漫画のネタとして吉田茂首相はよく使われ退陣の際には漫画家から感謝されている[1]

代表的な風刺漫画家編集

出典編集

  1. ^ 『吉田茂諷刺漫画集』

関連項目編集