メインメニューを開く

飛騨信用組合(ひだ しんようくみあい)は、岐阜県高山市に本店を置く信用組合。名称の通り、岐阜県北部の飛騨地方を営業エリアとしている。略称は「ひだしん」。

飛騨信用組合のデータ
統一金融機関コード 2476
法人番号 2200005009700
店舗数 15
(2007年4月1日現在)
設立日 1954年9月28日
(飛騨商工信用組合)
所在地
〒506-0011
高山市本町1-2
外部リンク www.hidashin.co.jp
テンプレートを表示
本部・本店営業部(高山市本町)

飛騨地方の伝統的な民芸人形である「さるぼぼ」の名を冠した事業を複数展開している、利用者を組織化した「さるぼぼ倶楽部」[1]や、「飛騨・高山さるぼぼ結ファンド投資事業有限責任組合」の設立[2]、電子地域通貨「さるぼぼコイン」導入[3]などである。

飛騨地方と歴史的に関りが深い富山県の同業である富山県信用組合とは、北陸新幹線の開業を機に2015年に提携を結んだ[4]

同じ岐阜県内の金融機関とはATM利用で協力関係にある。益田信用組合(下呂市)のキャッシュカードによる入出金(それ以外の信用組合のカードは他信組扱い)と、十六銀行のカードによる出金は自組合扱いとなる。

沿革編集

  • 1954年9月 - 飛騨商工信用組合として設立。
  • 1974年4月 - 飛騨信用組合に改称。

関連項目編集

脚注・出典編集

  1. ^ さるぼぼ倶楽部飛騨信用組合ホームページ(2017年12月20日閲覧)
  2. ^ 地域への取り組み飛騨信用組合ホームページ(2017年12月20日閲覧)
  3. ^ さるぼぼコイン飛騨信用組合ホームページ(2017年12月20日閲覧)
  4. ^ 飛騨信用組合との業務提携について富山県信用組合(2015年8月5日)

外部リンク編集