メインメニューを開く

飯山陽

日本のイスラム思想研究者、アラビア語通訳。

飯山 陽(いいやま あかり、1976年昭和51年2月7日 - )は日本のイスラム思想研究者、アラビア語通訳。上智大学アジア文化研究所客員所員[4]。専門はイスラム法学[5]・イスラム教に関わる世界情勢の調査・分析[3]。2017年(平成29年)からタイバンコク)在住[3]

飯山 陽
(いいやま あかり)
人物情報
生誕 (1976-02-07) 1976年2月7日(43歳)[1][2]
東京[1]
出身校 東京大学大学院人文社会系研究科アジア文化研究専攻イスラム学専門分野単位取得退学[1]
学問
研究分野 イスラム思想[1]・イスラム現代情勢[3]
研究機関 上智大学アジア文化研究所[1]
学位 博士 (文学)(東京大学)[4]
主要な作品イスラム教の論理』(2018年)
公式サイト
www.iiyamaakari.com
テンプレートを表示

目次

略歴編集

1976年(昭和51年)、東京生まれ。1994年(平成6年)、筑波大学附属高等学校卒業[3]。1998年(平成10年)、上智大学文学部史学科卒業[3]。2000年(平成12年)、東京大学大学院人文社会系研究科修士課程修了。2000年(平成12年)から2001年(平成13年)まで、文部省派遣留学生としてモロッコに留学[3]。2006年(平成18年)、東京大学大学院人文社会系研究科アジア文化研究専攻イスラム学専門分野単位取得退学[1]。2006年(平成18年)から2011年(平成23年)にかけて、東京女子大学、上智大学、東海大学明治学院大学千葉大学で非常勤講師。2009年平成21年)、東京大学より博士(文学)を取得[4]。2011年(平成23年)から2015年(平成27年)まで、エジプトカイロ)で調査・研究をおこなう。2011年(平成23年)から上智大学アジア文化研究所客員所員を務める[3]

著作編集

単著編集

  • 『イスラム教の論理』新潮社〈新潮新書 752〉、2018年2月20日。ISBN 978-4-10-610752-8

博士論文編集

  • 飯山 陽『イスラームにおける「法の目的」 マスラハ概念の理論と実践』東京大学、2009年11月26日(日本語)。[4] - 論文審査の結果の要旨 (PDF)

記事編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f 著者プロフィール”. 新潮社. 2019年2月3日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年2月3日閲覧。
  2. ^ 飯山陽(@IiyamaAkari)”. Twitter. 2019年2月6日閲覧。
  3. ^ a b c d e f g 飯山陽 (2019年3月13日). “どこまでもイスラム世界” (日本語). Iiyama Akari. 2019年7月7日閲覧。
  4. ^ a b c d 飯山陽 (2009年11月26日). “イスラームにおける「法の目的」 マスラハ概念の理論と実践” (日本語). 東京大学. 2019年2月3日閲覧。
  5. ^ 飯山 2018b, p. 6

関連項目編集

外部リンク編集