百田尚樹

日本の小説家、放送作家 (1956-)

百田 尚樹(ひゃくた なおき[2]1956年(昭和31年)2月23日[2] - )は、日本の放送作家小説家[3]政治活動家政治団体日本保守党代表[4]。『探偵!ナイトスクープ』元チーフライター[3]

百田 尚樹
(ひゃくた なおき)
沖縄県那覇市にて(2017年10月29日)
誕生 (1956-02-23) 1956年2月23日(68歳)
日本の旗 大阪府大阪市
職業 政治活動家、政治団体代表
言語 日本語
国籍 日本の旗 日本
最終学歴 同志社大学法学部中退
代表作永遠の0』(2006年)
海賊とよばれた男』(2013年)『カエルの楽園』 (2016年)
主な受賞歴 本屋大賞(2013年)
デビュー作永遠の0』(2006年)
活動期間 放送作家:1970年代後半 -
小説家:2006年 - 2019年[1]
ウィキポータル 文学
テンプレートを表示

代表作に『永遠の0』(2006年)や『海賊と呼ばれた男』(2013年)、『影法師』(2010年)、『殉愛』(2014年)などがある[5]。第30回吉川英治文学新人賞候補[6]で知られ、NHK経営委員時代、南京事件否定への支持で特に知られている[7]

大阪市出身。同志社大学法学部中退[3]

来歴 編集

大阪府大阪市東淀川区出身[8]同志社大学法学部在学中に『ラブアタック!』(朝日放送)に出演し1978年当時大学3年生で6回目の挑戦などをする常連だった[9]。大学は5年在籍した後、中退した[8]

その後、朝日放送プロデューサー松本修に目をかけられ[10]放送作家となり、『探偵!ナイトスクープ』のチーフライターを25年以上に渡り務めているほか、『大発見!恐怖の法則』などの番組の構成を手がけた[11]

2006年(平成18年)に『永遠の0』(太田出版)を発表し、小説家としてデビュー。2009年(平成21年)、『BOX!』が第30回吉川英治文学新人賞候補、第6回本屋大賞の5位に選出され、映画化もされた[12]2012年(平成24年)10月15日オリコン“本”ランキング文庫部門で『永遠の0』が100万部を突破。文庫部門では13作目[13]

2013年(平成25年)、『海賊とよばれた男』で本屋大賞を受賞[14]。「直木賞なんかよりもはるかに素晴らしい、文学賞の中で最高の賞だ」と喜び[12]、その発言でも注目を集めた[15]。同年9月から『週刊新潮』にて『フォルトゥナの瞳』を連載開始した。これは小説家デビュー以来、初の週刊誌連載となる。同年10月9日第26回日本メガネベストドレッサー賞文化界部門を受賞[16]。同年11月11日から2015年2月28日まで[17]、NHK経営委員(1期のみ務める)[18]

2019年6月12日に、小説家引退を宣言[1]

2019年12月、著作の累計発行部数が2000万部を突破したと発表した[19]

2023年12月27日、自身のYouTubeを更新し、がんを宣告されたことを公表した[20]。2024年1月10日、腎臓がんの手術を受けるために入院[21]

日本保守党 編集

  日本政治団体
日本保守党
Conservative Party of Japan[22]
代表 百田尚樹
共同代表 河村たかし
事務総長 有本香
成立年月日 2023年9月1日[23]
本部所在地 東京都中央区
市区町村議数
9 / 29,608   (0%)
政治的思想・立場 保守主義[24]
小さな政府
公式サイト 日本保守党
愛知県地域政党減税日本と特別友党関係を結んでいる[23]
テンプレートを表示

2023年6月、有本香とともに「保守新党結党宣言」を行い、9月13日に新党の名前を日本保守党とすることを公表、同年10月17日に正式結党予定とした[25]。当日の結成記者会見では、自身が代表に、減税日本河村たかしを共同代表、減税日本副代表の広沢一郎を事務局次長にすることとともに、政治団体減税日本との特別友党関係を締結したことを発表した[26]

党員数は5万人弱[27]。結党メンバーに荒川区議会議員の小坂英二[28]。法律顧問に北村晴男[29]

12月11日に愛知県に名古屋支部(名古屋市/支部長:河村たかし)、東三河支部(豊橋市/支部長:竹上裕子前愛知県議会議員)を設立。

12月28日に東京八重洲の党本部事務所を退去したことが、有本香事務総長により明らかになった。「百田尚樹代表の闘病について」というお知らせの中で公表されたが、移転先は公表されていない[30]

2月22日の、あさ8にて党本部は東京都中央区にあると発言している。   

政策 編集

同性婚に反対[31]。「LGBT理解増進法」の改正を支持し、LGBTに関連する児童教育に関する条項の削除を含む[32]

日本国憲法第9条の改正に賛成しており、日本が常備軍を持つことを禁じている第2項を削除するなどの措置を支持している[32]。同党は、朝鮮総連関連組織への制裁など、対北朝鮮の制裁措置の拡大に賛成している[33]。同党は台湾との関係強化に賛成しており、台湾関係法に対応する日本法の制定を提案している[32]

無制限な移民受け入れに反対しており、庇護を拒否された難民を当局が収容・退去させることを可能にする出入国管理及び難民法の改正を支持している。また、特定技能外国人労働者留学生の受け入れ拡大など、政府の移民政策の見直しを主張している。同党は、外国人住民のための独立した健康保険制度を設けるための健康保険法の改正を支持している[32]

国会議員や地方議員の年収を一般国民並みの給与に引き下げるなど、日本の政治の「家業化」を阻止すると掲げる[34]

 
2023年10月21日、東京秋葉原駅での保守党街頭集会

支持者 編集

この政党の主な支持源は、日本のネットユーザーである[35]。党の創設者である百田氏と有本氏は、政治評論家として日本のネットユーザーに影響力を持ち、社会問題や政治問題に対する保守的な見解を通じて、YouTubeTwitterニコニコ動画など様々なソーシャルメディアや動画共有プラットフォームで活発な支持を得ている。

ネット上で大きな存在感を示しているが、選挙でどれだけの議席を得られるかは未知数である。JX通信社が2023年10月に実施した調査によると、73.4%が政党の存在を「知らない」と回答した。7%が「知っていて、支持する」と答え、19.7%が「知っているが支持しない」と答えた[36]

台湾の救助に関する論争 編集

2024年1月1日に発生した能登半島を襲った地震被害に対し、同日中に台湾内務省は救助隊を派遣する準備を行った。日本政府は被災地までの道路が寸断されており、人員が大挙しても効率的な救助活動が出来ない為、台湾のみならずすべての外国からの支援を必要としないと回答。百田氏は自身のインターネット番組の中で、岸田政権が台湾からの支援を拒否したのは、中国に配慮したものとの見解を表明した。

被災地支援チーム結成 編集

能登半島の地震被害に対し、日本保守党は震災の翌日1月2日、闘病中の百田代表に代わり有本香をトップとする被災地支援チームを結成することを発表。 [37] しかし、チーム結成から2ヶ月余り経過した3月3日現在も、その活動実態は何ら公表されていない。
尚、有本香は自身らのネット番組において、被災地への募金を募る小泉進次郎議員らを指し「なんで政党が皆して募金部隊にならなきゃならないの」「街頭に出て選挙運動みたいなもの」などと批判した。日本保守党は、直接被災自治体が開設している窓口への募金を呼びかけた。

役員表 編集

  • 2023年10月現在
代表 百田尚樹
共同代表 河村たかし
事務総長 有本香
事務局次長 広沢一郎

歴代の役員表 編集

代表 共同代表 事務総長 事務局次長 就任年月
百田尚樹 河村たかし 有本香 広沢一郎 2023年10月17日

トラブル 編集

歴史的否定主義と戦争賛美 編集

百田は、南京事件筆頭に、第二次世界大戦前と戦時中に行われた日本の戦争犯罪を否定する姿勢をしばしば表明してきた。2014年のNHK経営委員在任中にも同様の発言をし、国際的な注目を集め、1年後の辞任につながった[38][39][40][41][42][43]。また、河村共同代表は名古屋市長時代にも同様の発言をしており、その結果、南京市は2012年に名古屋市との姉妹都市提携を解消した[44]

小説家として、百田はベストセラーとなった小説『永遠の0』を執筆し、後に2013年に映画化されて人気を博した。この小説『永遠の0』とその映画化作品は、スタジオジブリ宮崎駿監督を含む多くの人々から批判された[45]。特に、作品は日本の戦争犯罪や侵略行為を描かず、戦争を背景とした感動的な人間ドラマに焦点を当てたことで、戦争の悲劇や犠牲者の苦しみを希薄化し、日本の戦争責任を回避する試みであると批判された[46][47][48]

2023年、百田はAbemaTVのインタビューで、日本が当時の欧米帝国主義の手から東南アジアを「解放」したと主張し、第二次世界大戦への日本の参戦を正当化しようとしたことを述べた。「もし日本がなかったら、アジアの多くが今日まで欧米列強の植民地となっているため、今日の世界は『地獄に似ている』」と主張した[49]

嫌韓・人種主義 編集

百田は韓国の主要なニュースメディアが反韓で知られ[50][51][52][53][54]、個人のツイッターアカウントでも「(韓国人は)最低の民族」や「(中国人は)最低の民族」、「(韓国語が)吐き気がする」や「朝鮮人でも日本の公立の幼稚園に入れるんだから」といった発言をしており、人種主義的な憎悪を頻繁に表明している[55][56][57][58]

2017年、「漢文の授業は廃止しろ!子供が中国を偉大な国だと勘違いする!」と宣言した[59][60][61]

2019年、自身の有料配信での有本香事務総長との対談で、「韓国を形成している人間もみんなおかしい」「埃は無いし恥はない」「韓国人は人間のクズ」「嘘つきが体に染み付いてる」「(韓国人に)日本刀持って斬りにいくねん」「韓国とは国交断絶して戦争したい」などと韓国国民を侮蔑する発言をした。有本香は「これはヘイトじゃない」と肯定した[62][63]

同年、DHCの番組で、「朝鮮人は漢字を書いたが、漢字を文字にすることができなかったので、それらを日本製の教科書として配布しました。私はそう主張してきました。日本人がハングルを統一して今の形になった!」と述べた[64]

『日本国紀』における転載や流用疑惑と誤記 編集

2018年、日本の歴史を書いたとする『日本国紀』を刊行したが、ウィキペディアや新聞の記事からの転載や、参照文献として明記せずに研究成果を流用しているとの指摘がなされた[65][66][67][68]。この指摘に対して百田は、ウィキペディアから引用したものは全体(500ページ)のうち1ページにも満たないと主張している[69]毎日新聞の吉井理記は、著者のみならず出版社による再編集を経たであろう文庫本になっても重大な誤記(存在しない天皇の靖国参拝など)が改められないことに驚き「その場に立ちすくんでしまった」と書いている[70]

『殉愛』をめぐる係争 編集

2014年、『殉愛』によって名誉毀損やプライバシー侵害をされたとして、やしきたかじんの長女が、出版元の幻冬舎に、出版差し止めと1100万円の損害賠償などを求める訴えを東京地裁に起こした[71]

2015年、百田のツイッターにおける発言が「人権侵害にあたる」として、やしきたかじんの長女が東京弁護士会に人権救済を申し立てた。申し立てによると、発言は、やしきたかじんの闘病生活を書いた百田の著作「殉愛」の発行差し止めなどを、長女が発行元の幻冬舎に求めた訴訟をめぐるもの。申し立てで長女側は、「発言は自分に対する脅迫であり、提訴に報復するとの宣言だ」としている[72]

2016年7月、東京地方裁判所は、「百田氏のノートにはあいまいなメモしかない」と指摘し、長女に関する記述は「真実と認められない」として名誉毀損を認めた[73][74]。その上で、計6カ所の記述が名誉毀損やプライバシーの侵害にあたるとして、幻冬舎にやしきたかじんの長女へ330万円の支払いを命じた[73][74][75][76][77]。また、2017年2月1日に東京高等裁判所で行われた控訴審判決では、更に1か所について名誉毀損にあたる部分があるとして、一審より賠償額を増やし、幻冬舎に対して長女への365万円の支払いを命じた[78]

2017年12月22日、最高裁判所は幻冬舎側の上告を受理しない決定を下し、これにより二審判決が確定した[79]

たかじんの元マネジャーの男性が損害賠償を求めた訴訟で、2018年11月28日に東京地裁は百田と幻冬舎に計275万円の支払いを命じる判決を下した[80]

百田の小説『海賊と呼ばれた男』に関する関係者からの批判 編集

百田による歴史経済小説海賊とよばれた男』(2012年7月)は出光興産創業者の出光佐三をモデルとしたもので、数百万部を売り上げ、2016年12月には映画化されて23.7億円の興行収入を記録した。しかし、出光関係者からは、この小説が出光佐三の実像とはかけ離れているという批判が沸き起こり、特に元社員の奥本康大は、この小説が出光佐三に関する誤ったイメージを世間に与えていることを正す目的で、「正伝 出光佐三」(展転社)を上梓し、その出版記念講演会(2021年6月20日=出光興産創立110周年記念日)[81]において、次の発言をしている。

  • 「百田の小説は実際の事実とかけ離れている部分が多数あって、問題が多い。」
  • 「”海賊と呼ばれた男”という小説の題名は、出光昭介出光興産名誉会長(出光佐三の長男)に挨拶に訪れた際の百田の説明によると、”本がたくさん売れるようにしようと思って、そういう題名にした”とのことであったが、出光昭介名誉会長は、その百田の発言以降、会談中にほとんど話をしなかった、とのことである。」
  • 「出光佐三店主は、貴族院議員を務めていた人物である。また、出光佐三逝去に接した昭和天皇は、彼を偲ぶ御製を詠まれている。そうした人物を「海賊」と呼ぶとは、一方では失礼でもあるが、また歴史感覚と見識に欠けたものであると言えよう。」
  • 「終戦の詔書の翌々日に出光佐三がものした”玉音を拝して”は、百田の小説で扱っている程度の簡単なものではない。だから、私はそれを私費で印刷し、講演等の機会に広く御提供している。」
  • 「なお、この小説の映画化においても、出光興産は資金面を含め、協力をしていない。」

一方百田は自身のTwitterで

  • 「昭介に会ったのは、昭介から会いたいという申し出があったからであり、その際、売れるからそんなタイトルにしたなどとは一言も言ってない。会談は終始和やかなもので、お土産までもらった。“売れるために海賊とつけた”などと言ったことはデタラメである。」
  • 「執筆後、自分は出光興産の経営陣からも大いに感謝され、迎賓館にも招かれたし、社のイベントで講演もした。後に会社が外資と提携する件で経営陣と昭介が揉めた時に、実際は書かなかったが昭介側から提携反対の文章を書いて欲しいと頼まれたほどだ。」
  • 「自分は『海賊』という言葉を悪いイメージで捉えていないが、出光佐三がかつて同業者から良くない意味で『海賊』と罵られたことは事実である。」

と反論している[82][83]。 また、映画のクレジットには「取材協力・資料提供」として「出光興産株式会社」と記載されている。

津田大介との係争 編集

2019年、あいちトリエンナーレ2019の企画として行われた「表現の不自由展・その後」をめぐり、津田大介について「韓国人の怪しげな組織に利用されたんや」[84]「反日左翼に利用されただけだと思う」[85]とツイート。津田から名誉毀損で提訴され、2023年、30万円の賠償を命じられた(請求額は400万円)[86]

愛知県知事リコール署名偽造事件 編集

詳細は「愛知県知事リコール署名偽造事件」を参照。

2019年に開催された「あいちトリエンナーレ2019」をきっかけとして、あいちトリエンナーレ2019実行委員会会長である愛知県知事の大村秀章河村たかしの対立は激化し[87]、大村の責任を追及するデモや街宣活動が、河村と高須クリニック院長の高須克弥を中心として行われるようになっていった[88]

2020年6月2日、高須は百田とともに名古屋市役所を訪れ河村と面会[89]。河村と高須の発案[注 1]により政治団体「お辞め下さい大村秀章愛知県知事 愛知100万人リコールの会」(通称「愛知100万人リコールの会」)が設立され、高須が代表に就いた[90][91]。設立発表の記者会見には高須のほか百田、有本香竹田恒泰武田邦彦らが出席し[92]、それぞれがリコールの意義を訴えた[93]。百田は6月の会見で「税金でこういう展示が行なわれるのは税金詐取。一種の詐欺事件じゃないかとの見方もある。大村知事は謝らない。都合が悪くなると開き直る」と発言した[94]

同年9月25日、「愛知100万人リコールの会」はKKRホテル名古屋で記者会見を開催。代表の高須のほか、河村、百田尚樹、デヴィ・スカルノが出席。会見後、高須、百田、デヴィ・スカルノは名古屋駅前に移動し、大村のリコールを訴えた[95][96]

この日の名古屋での街頭演説では、百田は「もし大村知事がリコールされなかったら、私はもう名古屋に来ません」と訴え、デヴィは「私も来ません」と追従した[97]

  • リコール運動団体事務局長ら4人が逮捕され、大村知事がリコールされないことが決定的になった後も、百田は定期的に名古屋に来ている[98]

同年9月29日、高須は百田、門田隆将とともにDHCの「真相深入り!虎ノ門ニュース」にスタジオ出演し、リコール運動の現況について語った[99]

2021年2月1日、愛知県選挙管理委員会による署名簿の調査の結果、提出された43万5231人分の署名のうち、83.2%にあたる36万2187人分が無効とされた。無効署名の約90%が複数の同一人物によって書かれたものであり、約48%が選挙人名簿に載っていない人物の署名であった[100][101]。この調査が報告された日、百田はtwitterに、「知らんがな」と投稿した[102][103]。2021年5月20日には百田はtiwitterに「わしに何の責任があるんや。高須院長から、記者会見をやるから来てもらえないかと、前日に電話を貰ったので、行っただけやないか!リコール運動にエールを送ったが、活動には一切無関係や。不正(署名偽造)のことなんか何も知らんわ」と投稿した[94]

主張・発言 編集

2012年自由民主党総裁選挙 編集

2012年9月に行われた自由民主党総裁選挙の際は、「安倍晋三総理大臣を求める民間人有志の会」発起人に名を連ねた[104]

アメリカ大統領選挙 編集

2020年11月3日に実施されたアメリカ大統領選挙では、ドナルド・トランプが「不正投票判明による開票やり直しによって再選する」と主張した[105]

2021年1月8日、米連邦議会が現地7日に民主党のジョー・バイデン次期大統領の当選を正式認定する中、百田はtwitterに「トランプが勝つと予言したが、外れるかもしれん。まさか、こんな事態になるとは予想もしていなかった。 トランプが負けたら、宣言通り小説家は引退する。どうせ来月は前期高齢者や。あとは小説以外で金を稼いで、のんびり生きていく。 しかし絶望的とはいえ、トランプの負けが確定したわけではない」と投稿した[106][107]

民主党への発言 編集

民主党について、2012年11月11日放送のテレビ番組『たかじんのそこまで言って委員会[注 2] において、「息を吐くように嘘をつく」と非難している[108]。また、同党の支持母体のひとつである日本教職員組合(日教組)について、2014年6月18日に行われた静岡青年会議所主催の講演会において、「日教組は何十年間も、純粋無垢な子どもたちに贖罪意識を教え込んでいる。まず『日本は素晴らしい』ということを教えなければいけない」「日本人でいることが恥ずかしいと教え込まれた子どもたちは立派な大人になれない」と述べている[109]

憲法改正について 編集

憲法改正について、渡部昇一との対談で「安倍政権では、もっとも大きな政策課題として憲法改正に取り組み、軍隊創設への道筋をつくっていかねばなりません」と述べている[110]

2014年東京都知事選挙における発言 編集

2014年2月、東京都知事選田母神俊雄の街頭演説に参加した際、田母神以外の候補を「人間のくずみたいなもの」と述べ、南京事件については「日本兵による犯罪は少数あったものの、日本軍による“大虐殺”はなかった」とする久保有政の説を支持している事と、東京大空襲原爆投下は「大虐殺だった」とし、「東京裁判はそれをごまかすための裁判だった」と主張した[111]。南京大虐殺に関する発言について第1報の元記事を配信した共同通信社は、「放送法上は問題ない」としつつ「公共放送の政治的中立に疑問を抱かせかねない事態で、議論を呼びそうだ」と報じた[112]。百田は、「NHKの経営委員がこんなことを言っていいのかと非難を受けたが(短文投稿サイトの)ツイッターで『ええんや、ほっとけ』と言った。私は何も怖くない」と反駁した[112]

東京裁判に関する主張について、共同通信社から質問された駐日アメリカ合衆国大使館の報道担当官は「非常識」であると回答し[113]、「米政府は、責任ある地位にある人物が(アジア)地域の緊張をあおるような発言を控えるよう努めることを望む。」と述べた[114]。また、朝日新聞アメリカ合衆国国務省に確認を求め、同省も「不合理」と反論した[115]

民主党の有田芳生は、2014年2月の参議院予算委員会で百田が「南京大虐殺はなかったと持論を展開」、「他の主要候補を人間のくずみたいなもの」と批判したと指摘した[116]。百田は、同年2月12日に行われたNHK経営委員会の非公開の会合の中で「個人的信条に基づく行動は問題ないと考えているが、そうではない趣旨の報道をされた。人のことを『くず』と呼んだのはほめられた言動ではなかった」と釈明した[117]。一方で、「(NHK経営委員の立場は)個人的な主義主張を縛るものではない。私の本職は作家であり著述家。政治や国際問題についても発言してきた。経営委員だからそうした発言を一切するなというのは言論封殺、職業否定につながる」とも述べた[118]

中華人民共和国外交部は「南京事件は事実であり、日本の一部の者がその存在を抹殺し捻じ曲げようとする行為は国際正義と人類の良識に対する公然たる挑戦」と批判した[119]

2014年2月14日、共同通信社は、「NHKがキャロライン・ケネディ駐日米大使のインタビュー取材を米国大使館に申し込み、調整を進めていたところ、NHK経営委員を務める百田の東京裁判や南京事件をめぐる発言を理由に大使館側から難色を示され、発言の影響が報道の現場に及んでいる」と報じた[120]

沖縄関連の発言 編集

 
自衛官(左)と握手する百田(右)(2017年10月29日、航空自衛隊那覇基地にて)
 
航空自衛隊第9航空団司令川波清明(右)に色紙を贈る百田(左)(2017年10月29日、航空自衛隊那覇基地にて)

2015年6月25日、自民党若手議員の勉強会である文化芸術懇話会において「沖縄の2つの新聞は潰さないといけない」「米兵が犯したレイプ犯罪よりも、沖縄県全体で沖縄人自身が起こしたレイプ犯罪の方が、はるかに率が高い」と発言した[121]。また、普天間基地について、「もともと普天間基地は田んぼの中にあった。周りは何もなかった。基地の周りに行けば商売になると、みんな何十年もかかって基地の周りに住みだした」[122]「そこを選んで住んだのは誰やねん」と述べ、戦時中の沖縄について「沖縄は本当に被害者やったのか。そうじゃない」とも述べた[123]。また同席上で、軍隊を持たないナウル、バヌアツ、ツバルなどを名指しして「くそ貧乏長屋。とるものも何もない」「アイスランドは年中、氷。資源もない。そんな国、誰がとるか」などと発言し、参加議員からは笑いが起きていたという[124]。これらの発言について、6月27日の福岡市内での講演における質疑応答で、「どう考えても私的なもの」と説明した[125]

これらの暴言について、衆院平和安全法制特別委員会の与党筆頭理事の江渡聡徳前防衛相(自民)は26日午前の理事会で「申し訳ない。担当議員に厳重注意する」と謝罪した。[126]

2017年10月、名護市で講演した際、取材に訪れた沖縄タイムス記者に「悪魔に魂を売った記者」「中国が琉球を乗っ取ったら、阿部さんの娘さんは中国人の慰み者になります」などと発言した。[127]

2018年9月12日、『真相深入り!虎ノ門ニュース』で在日米軍のヘリ機材の部品落下事故について、「どうも調べていくと、これ全部嘘やったっちゅうことです」「どうもこれは全部捏造やったちゅう疑いがほぼ間違いないと言われて」などと発言した[128]

9月20日放送の同放送でも、日米両政府が本土の反対運動を懸念して在日海兵隊の基地を沖縄に移転させたことに言及し「そんな事実どこにもない」と発言したが、その発言に対しファクトチェック・イニシアティブ(FIJ)が「誤り」の判定をくだした[129]。また9月30日の沖縄県知事選挙玉城デニー当選確定に際し「沖縄、終わったかもしれん」などとつぶやいている[130]

10月4日放送では沖縄が中国領土だと主張する中華民族琉球特別自治区準備委員会に関連し、沖縄が中国になったらチベットやウイグル、内モンゴルを見ればどのようなことが行われるのかは誰でもわかると述べている[131]。同番組では、沖縄が含まれた国恥地図にもふれた [131]

新型コロナウイルス感染症関連 編集

2020年3月31日、新型コロナウイルス感染症の流行の影響で収入が減った国民に対し、政府が現金を給付する案が出ていることについて、生活保護受給者(収入が流行の影響を受けていないとして)、公務員、政治家への給付には反対を表明した [132]

スポーツ関連発言 編集

百田は2021年7月31日に行われた2020年東京オリンピックの女子バレーボールの日本と韓国の試合について、twitterに〈女子バレー、日本と韓国を見てるが、韓国人、全員、顔のレベルが高い。オリンピックということで、おそらく全員……おっと、これ以上言うたら、また炎上するから言わん〉と投稿した[133]

7月30日には、中国のリレーメンバーと思しき女子陸上選手の写真に〈中国女子400Mリレー 女子の定義とは〉というコメントをつけたツイートをリツイートし、〈中国の新種目、男女混合リレー?〉とツイートし、7月25日には、今度は台湾の卓球選手について、〈卓球の混合ダブルス見てるけど、台湾は二人とも男が出てるんやないの?〉とツイートした[133]。百田が〈男〉とツイートした、中国の女子リレーメンバー4人も、卓球の混合ダブルスの1人も、全員がショートカットの女性であった[133]

批判ツイートに対し、百田は〈わしを誰やと思てんねん! 何も考えんと思い付いたことを呟いてるアホ丸出しの大阪のオッサンやで。 差別意識とか、揶揄とかの意識なんかあるかい!見たまま言うただけや〉とツイートした[133]

LBGT関連発言 編集

  • 百田は2015年3月にもtwitterに〈同性とセックスしたいという願望を持つのは自由だと思うが、そういう人たちを変態と思うのも自由だと思う〉と書き込んでいたが、多くの批判を受けて削除した[134]
  • 2020年7月、お茶の水女子大学のトランスジェンダー学生受け入れ決定を伝えるNHK報道について、百田はTwitterへ〈よーし、今から受験勉強に挑戦して、2020年にお茶の水女子大学に入学を目指すぞ!〉と投稿した[134][135]。このツイートにはユーザーから百田に対し、〈冗談で言ってるんだろうけど無神経過ぎるな〉〈ただただ不快〉〈こういうことを簡単言い放つ性格って人間性が欠けている。結局女性とトランスジェンダーへの差別をあおって、バカにしている発言にすぎない〉などのツイートが多数なされている[134]
  • 国会でLGBT法案が可決される見通しとなった2023年6月には、百田は自身のYouTubeチャンネルで、「トランスジェンダー女性は、局部を切り落とすことを義務付けする法案を通せ」「絶対に女性であるというなら手術をしろ」「義務付けろ」「ちょきんちょきんと切ったらいい」と発言する動画を配信した[135]
  • 2009年に医師に性同一性障害と診断され、女性ホルモン療法を受けていたトランスジェンダーの経産省職員が、職場の女性用トイレの使用を制限されていた件で、最高裁が「トイレの使用制限を認めた国の対応は違法」と全員一致で判決を下した[135]。学者出身の宇賀克也裁判官の補足意見には、「性別適合手術は、身体への侵襲が避けられず、生命及び健康への危険を伴うものであり、経済的負担も大きく、また、体質等により受けることができない者もいるので、これを受けていない場合であっても、可能な限り、本人の性自認を尊重する対応をとるべきといえる」と述べられている[135]
    • この件について、百田は『月刊will』2023年9月号の門田隆将の対談『女性の不安・恐怖を煽る最高裁判決』の中で、「女子トイレがOKなら、女湯や女子更衣室もOKになってしまう。今後、LGBT法と判例を悪用して性犯罪に走る“変態”が続出するでしょうね」と発言をした[135][136]
      • これに対し、小林よしのりは、『どこもかしこもなんでもOKで、一般の風呂や更衣室にまで話を拡大するような判決でないことは、ちょっとニュースを読めば3分でわかる。現に、判決文には、「取扱いを一律に決定することは困難であり、個々の事例に応じて判断していくことが必要になることは間違いない」と書かれている。』『この判例を悪用して性犯罪に走る“変態”が続出すると言うが、性犯罪に走るような変態は、判例なんかあってもなくても走り出す奴らなのであって、この判例から、「変態の芽生え」を想像するアンタらのほうがよっぽど変態的思考だと言いたい。』と発言している[135]

そこ(女子トイレ)に入るべきでした発言 編集

2023年06月23日、百田自身が書いた記事の中で、「夕方、葬式の帰りに車を運転していると、急激に腹の調子が悪くなりました。このままでは漏らしてしまうと焦りましたが、しばらく走ると、大型ショッピングモールが見つかりました。私は駐車場に車を入れると、必死で店の中に入りました。もうその時は、いつ漏れてもおかしくないという状態でした。1階のトイレに入ろうとすると、そこには女性トイレしかありませんでした。今にして思えば、そこに入るべきでした。緊急避難ですから許されたと思います。」と百田は発言した[137]

高市早苗に対する発言 編集

2021年8月24日、百田はツイッターに「丸山穂高議員の糾弾決議文を書いたのは高市早苗議員だったということを昨日知った。私は、丸山議員の例の発言は糾弾決議に値しないと思っている。私の中で、高市議員の評価はガタ落ちになった」と投稿した[138]

それから僅か11日後の9月4日には、自民党総裁選について百田は「総裁選は、高市早苗さんを押すで! 彼女以外に選択肢はない」と投稿し、自身が出演する「虎ノ門ニュース」でも「ガンガン押しまくる!」と宣言した[138]

大阪府泉南市議会議員の添田詩織に対し謝罪 編集

2024年2月7日に自身のX(旧ツイッター)を更新。過去のXのDMでのやり取りについて“DJ議員”として知られる大阪・泉南市議会議員の添田詩織氏に対し、謝罪した[139][140]

エピソード 編集

趣味はマジック囲碁。囲碁は六段[12]。自宅の仕事部屋や書庫は足の踏み場がないほどに資料等が置かれている[141]。 また、生年月日が歌手の野口五郎と全く同じである(どちらも1956年2月23日生まれ)。少年時代に丸(雑誌)を愛読、1971年3月号に読者投稿が掲載されている[142]

番組構成 編集

著作 編集

小説 編集

  • 著書名は50音順ソート。
  • デフォルトでは刊行順に配列、発行年月の列のソートボタンで元の順序に戻る。
著書名 発行年月 出版元 備考
えいえんのせろ/永遠の0 2006年8月
2009年7月
太田出版
講談社文庫
せいやのおくりもの/聖夜の贈り物
輝く夜(改題)
2007年11月
2010年11月
太田出版
講談社文庫

収録作品

  • 魔法の万年筆
  • ケーキ
  • タクシー
  • サンタクロース
ほつくす/BOX! 2008年7月
2010年3月
2013年4月
太田出版
太田出版文庫
講談社文庫
上下巻/ 文庫版はいずれも上下巻
かせのなかのまりあ/風の中のマリア 2009年3月
2011年7月
講談社
講談社文庫
もんすたあ/モンスター 2010年03月
2012年4月
幻冬舎
幻冬舎文庫
りんく/リング
「黄金のバンタム」を破った男(改題)
2010年05月
2012年11月
PHP研究所
PHP文芸文庫
かけほうし/影法師 2010年05月
2012年6月
講談社
講談社文庫
いかりをあけよ/錨を上げよ 2010年11月
2019年9月
2019年10月
講談社
幻冬舎文庫
上下巻
一 出港篇 二 座礁篇
三 漂流篇 四 抜錨篇
こうふくなせいかつ/幸福な生活 2011年06月
2013年12月
祥伝社
祥伝社文庫

収録作品

  • 母の記憶
  • 夜の訪問者
  • そっくりさん
  • おとなしい妻
  • 残りもの
  • 豹変
  • 生命保険
  • 痴漢
  • ブス談義
  • 再会
  • 償い
  • ビデオレター
  • ママの魅力
  • 淑女協定
  • 深夜の乗客
  • 隠れた殺人
  • 催眠術
  • 幸福な生活
ふりすむ/プリズム 2011年10月
2014年4月
幻冬舎
幻冬舎文庫
かいそくとよはれたおとこ/海賊とよばれた男 2012年7月
2014年7月
講談社
講談社文庫
上下巻
ゆめをうるおとこ/夢を売る男 2013年02月
2015年4月
太田出版
幻冬舎文庫
ふおるとうなのひとみ/フォルトゥナの瞳 2014年9月
2015年11月
新潮社
新潮文庫
しゆんあい/殉愛 2014年11月 幻冬舎
かえるのらくえん/カエルの楽園 2016年2月
2017年8月
新潮社
新潮文庫
けんあん/幻庵 2016年12月 文藝春秋 上下巻
なつのきし/夏の騎士 2019年7月 新潮社
かえるのらくえん2020/カエルの楽園2020 2020年6月 新潮文庫
野良犬の値段 2020年12月 幻冬舎

エッセイ・評論 編集

著書名 発行年月 出版元 備考
至高の音楽 ―クラシック永遠の名曲― 2013年12月 PHP研究所
大放言 2015年8月 新潮新書
至高の音楽 ―クラシック「永遠の名曲」の愉しみ方― 2015年12月 PHP新書
この名曲が凄すぎる ―クラシック劇的な旋律― 2016年2月 PHP研究所
鋼のメンタル 2016年8月 新潮新書
雑談力 2016年10月 PHP新書
百田百言 百田尚樹の「人生に効く」100の言葉 2017年3月 幻冬舎
今こそ、韓国に謝ろう 2017年6月 飛鳥新社
図解 雑談力 2017年8月 PHP研究所
戦争と平和 2017年8月 新潮新書
逃げる力 2018年3月 PHP新書
日本国紀 2018年11月 幻冬舎
今こそ、韓国に謝ろう ―そして、「さらば」と言おう― 2019年3月 飛鳥新社 2017年の「今こそ、韓国に謝ろう」に大幅加筆した文庫版[143]
偽善者たちへ 2019年11月 新潮新書
バカの国 2020年4月 新潮新書
地上最強の男 ―世界ヘビー級チャンピオン列伝― 2020年6月 新潮社 ノンフィクション
禁断の中国史 2022年7月 飛鳥新社
橋下徹の研究 2022年12月 飛鳥新社
大常識 2023年11月 新潮社

共著 編集

著書名 共著者 発行年月 出版元 備考
せろせんとにほんとう/ゼロ戦と日本刀 ―美しさに潜む「失敗の本質」― 渡部昇一 2013年12月
2015年2月
PHP研究所
PHP文庫
にほんよ、せかいのまんなかてさきほこれ/日本よ、世界の真ん中で咲き誇れ 安倍晋三 2013年12月
2017年10月
ワック・マガジンズ
WAC BUNKO
あいこくろん/愛国論 田原総一朗 2014年12月
2017年2月
ベストセラーズ
ワニ文庫
かえるのらくえんかしこくとかすひ/「カエルの楽園」が地獄と化す日 石平 2016年11月 飛鳥新社
たいちょくけん/大直言 青山繁晴 2017年1月 新潮社
いいかけんにめをさまさんかい、にほんしん!これいしょうのさはらせるな!めんとくさいかんこくとやっかいなちゅうこく&きたちょうせん/いい加減に目を覚まさんかい、日本人! ケント・ギルバート 2017年11月
2019年9月
祥伝社
新書
百田尚樹 永遠の一冊 花田紀凱 2017年12月 飛鳥新社
「日本国紀」の副読本 学校が教えない日本史 有本香 2018年12月28日 産経新聞出版

解説 編集

  • 畠山健二『観客のいない劇場で』笑説倶楽部、1985年5月。 
  • 浅田次郎『沙高樓綺譚(さこうろうきたん)』文藝春秋〈文春文庫 あ39-10〉、2011年11月。ISBN 978-4-16-764609-7 
  • 竹田恒泰『現代語古事記 天皇の物語』学研パブリッシング〈学研M文庫〉、2013年12月。 
    • 巻末特別対談・百田尚樹vs竹田恒泰
  • 勝谷誠彦『ディアスポラ』文藝春秋〈文春文庫 か47-2〉、2014年2月。ISBN 978-4-16-790034-2 

番組出演 編集

テレビ 編集

脚注 編集

注釈 編集

  1. ^ 署名偽造の発覚後、高須と田中孝博は「リコールを発案したのは河村」と主張する一方、河村は「『高須先生がリコールをやる気になっておられるので、河村さんから高須先生のところへ電話を一本かけてくれ。そうすれば動き出すから』と田中から説明された。」と主張しており、双方の主張が食い違っている。
  2. ^ 「大好評の「オッサン」シリーズがついに…“シーズン2”突入!今回は“怒れる”主張を持ったオッサンたちが大集結!過激すぎるプレゼンにスタジオ騒然…」に西村眞悟、パン職人廣瀬満男、ロバート・ゲラー東京大学教授と共にゲストとして出演

出典 編集

  1. ^ a b 百田尚樹さんが「小説家引退」宣言 ツイッターに「悔いはない」”. 産経ニュース (2019年6月12日). 2019年12月1日閲覧。
  2. ^ a b 百田尚樹 | 著者プロフィール | 新潮社”. www.shinchosha.co.jp. 2023年4月29日閲覧。
  3. ^ a b c DHCテレビ”. DHCテレビ. 2022年6月15日閲覧。
  4. ^ 百田 尚樹 プロフィール - 日本保守党|日本を豊かに、強く。”. hoshuto.jp (2023年9月27日). 2023年11月16日閲覧。
  5. ^ イブニング. “海賊とよばれた男”. イブニング公式サイト. 2022年6月20日閲覧。
  6. ^ DHCテレビ”. DHCテレビ. 2022年9月11日閲覧。
  7. ^ Schilling, Mark Debate still rages over Abe-endorsed WWII drama February 20, 2014 The Japan Times Retrieved March 30, 2016
  8. ^ a b 百田尚樹』 - コトバンク
  9. ^ テリー伊藤対談「百田尚樹」(1)放送作家になったきっかけは…”. アサ芸プラス. アサヒ芸能 (2014年8月26日). 2016年3月29日閲覧。
  10. ^

    構成陣を率いるのは、会議中、無駄口ばかり叩いている百田尚樹である。彼は昭和五十一年から四年間、私がディレクターをしていた『ラブアタック!』の”みじめアタッカー”として、全国に知られる学生のスーパースターだった。その当時から抜群のアイディアマンだったが、就職もしないままブラブラ遊んでいたのを、そんなことではいけないと番組を手伝ってもらっているうちに、いつの間にかこの世界に入ってしまったのである。

    松本修,太田出版全国アホ・バカ分布考』1993年 ISBN 4-87233-116-8

  11. ^ 百田 尚樹 - ご意見バン! - 真相報道バンキシャ!”. 日本テレビ放送網. 2016年3月29日閲覧。
  12. ^ a b c “本屋大賞:百田尚樹さん作家7年目で文学賞を初受賞「直木賞以上の最高の賞」”. MANTANWEB. (2013年4月10日). https://mantan-web.jp/article/20130409dog00m200072000c.html 2013年6月10日閲覧。 
  13. ^ 『永遠の0』、歴代13作目の文庫100万部超え”. オリコン (2012年10月11日). 2013年3月19日閲覧。
  14. ^ “本屋大賞:百田尚樹さんの「海賊とよばれた男」が受賞”. MANTANWEB. (2013年4月9日). https://mantan-web.jp/article/20130409dog00m200043000c.html 
  15. ^ “情熱大陸:出す本全てが売れまくる…50歳でデビューした異色の作家、百田尚樹に密着”. 毎日jp. (2013年6月4日). http://mainichi.jp/feature/news/20130604org00m200053000c.html 2013年6月10日閲覧。 
  16. ^ 鈴木保奈美、ローラらに「メガネ ベストドレッサー賞」 武井咲「ずっと欲しかった」”. Billboard JAPAN (2012年10月9日). 2013年10月13日閲覧。
  17. ^ 「NHK経営委員:百田氏が退任へ」、毎日新聞、2015年1月31日
  18. ^ NHK経営委員会HP 経営委員紹介
  19. ^ 百田尚樹さんはTwitterを使っています 「昨日、私の自宅にて「著作2000万部突破記念パーティー」を開きました。お世話になった各出版社の編集者の皆さんが集まってくれました。 でも累計2000万部達成は、読者の皆様のお陰です! この場を持ちまして、皆様に御礼を申し上げます。 本当にありがとうございました。」 / Twitter
  20. ^ “作家・百田尚樹氏、がん公表「内臓ですわ」”. ORICON NEWS. (2023年12月28日). https://www.oricon.co.jp/news/2055920/full/ 2024年1月7日閲覧。 
  21. ^ “作家の百田尚樹氏が腎臓がんで10日入院 「日本保守党」代表”. 朝日新聞デジタル (朝日新聞社). (2024年1月10日). https://www.asahi.com/articles/ASS1B5RPRS1BOIPE00C.html 2024年1月10日閲覧。 
  22. ^ 「日本保守党」立ち上げの百田尚樹氏 自身の出馬は「秘密」”. ABEMA TIMES (2023年9月27日) 2023年10月7日(UTC)閲覧。
  23. ^ a b 「日本保守党」結党と、地域政党「減税日本」との特別友党関係締結について』(プレスリリース)日本保守党、2023年10月17日https://hoshuto.jp/2023/10/17/press-release231017/2023年10月18日閲覧 
  24. ^ 日本保守党が大阪街宣 有本氏「日本を豊かに強く」 河村氏「国会も地方も『議員の家業化』ストップ」 百田氏「今のままでは日本が壊れる」(1/2ページ)”. zakzak:夕刊フジ公式サイト (2023年11月11日). 2023年11月11日閲覧。
  25. ^ 百田新党「10月17日結党」ネット番組で発表 トリガー条項で「岸田政権は財務省の言うがまま」 著名人からエールも”. zakzak:夕刊フジ公式サイト. 産経デジタル (2023年9月1日). 2023年10月1日閲覧。
  26. ^ “河村たかし市長、「日本保守党」の共同代表に 百田尚樹氏の政治団体”. 朝日新聞. (2023年10月17日). https://www.asahi.com/articles/ASRBK678QRBKOIPE00M.html 2023年10月17日閲覧。 
  27. ^ 日本保守党きょう結党の集い 党員数5万人迫る「予想しなかった」百田氏、有本氏「自公政権では日本は沈む」単独インタビュー”. 夕刊フジ. 2023年10月18日閲覧。
  28. ^ 小坂英二 [@kosakaeiji] (2023年9月1日). "百田新党(仮)に結党メンバーとして参加し、日本人幸せのおおもとである、日本の縦糸を守るための活動を百田尚樹さん、有本香さんと共に進め、共感を広げていきます。". X(旧Twitter)より2023年10月20日閲覧
  29. ^ 日本保守党の法律顧問に北村晴男弁護士が就任 自身のネットチャンネルで「自公政権、岸田さんに任せておけない」”. 夕刊フジ (2023年10月26日). 2023年12月19日閲覧。
  30. ^ 「百田尚樹代表の闘病について」”. 2023年12月28日閲覧。
  31. ^ 【日本保守党会見詳報】㊦百田尚樹氏「LGBT法に怒り結党した」”. 産経ニュース (2023年10月17日). 2023年10月18日閲覧。
  32. ^ a b c d 日本保守党の重点政策項目 - 日本保守党|日本を豊かに、強く。”. hoshuto.jp (2023年10月18日). 2023年10月18日閲覧。
  33. ^ 有本香 (2023年9月14日). “【有本香 以読制毒】「日本保守党」決意と提言第1弾 ミサイル発射の北朝鮮へ制裁拡大を要請 フォロワー数20万超え、前倒しで党名公表(1/3ページ)”. zakzak:夕刊フジ公式サイト. 2023年10月18日閲覧。
  34. ^ 「庶民感覚」「自民党ぎらい」の受け皿に...河村たかし氏ら率いる日本保守党が「意外と伸びる」かもしれないワケ”. 現代ビジネス. 2023年11月11日閲覧。
  35. ^ 圧巻の〝自民超え〟日本保守党のXフォロワー数、国内政党で1位に 開設わずか15日で大躍進 百田尚樹氏「歴史的だ」 (1/2ページ)”. zakzak:夕刊フジ公式サイト (2023年9月16日). 2023年11月11日閲覧。
  36. ^ 日本保守党をどう思う?支持政党別・年齢別に期待値を詳細分析!参政党支持者とのかぶりはどれくらい?選挙ドットコムちゃんねるまとめ(選挙ドットコム)”. Yahoo!ニュース. 2023年11月11日閲覧。
  37. ^ 「能登半島地震 被災地支援チーム結成について」”. 2024年1月2日閲覧。
  38. ^ Yoshida (2014年2月5日). “NHK governors reveal rightist views” (英語). The Japan Times. 2023年11月11日閲覧。
  39. ^ NHK's credibility at stake” (英語). The Japan Times (2014年2月7日). 2023年11月11日閲覧。
  40. ^ U.S. raps board member's remark on Tokyo Tribunal” (英語). The Japan Times (2014年2月9日). 2024年2月25日閲覧。
  41. ^ Author, No (2014年2月15日). “Hyakuta's Nanjing denial prompts chilly response from U.S. Embassy: sources” (英語). The Japan Times. 2024年2月25日閲覧。
  42. ^ Armstrong (2012年2月23日). “Fury over Japanese politician's Nanjing Massacre denial” (英語). CNN. 2023年11月11日閲覧。
  43. ^ “Governor of Japan broadcaster NHK denies Nanjing massacre” (英語). BBC News. (2014年2月4日). https://www.bbc.com/news/world-asia-26029614 2023年11月11日閲覧。 
  44. ^ Fackler, Martin (2012年2月22日). “Chinese City Severs Ties After Japanese Mayor Denies Massacre” (英語). The New York Times. ISSN 0362-4331. https://www.nytimes.com/2012/02/23/world/asia/chinese-city-severs-ties-after-japanese-mayor-denies-massacre.html 2023年11月11日閲覧。 
  45. ^ 宮崎駿「永遠の0」を嘘八百と批判!? 百田尚樹も「おこ」で零戦戦争勃発か”. J-CAST ニュース (2013年9月26日). 2024年2月24日閲覧。
  46. ^ The Eternal Zero: Propaganda in the service of present day militarism” (英語). World Socialist Web Site (2014年4月2日). 2024年2月24日閲覧。
  47. ^ “Mission accomplished?”. The Economist. ISSN 0013-0613. https://www.economist.com/asia/2014/03/01/mission-accomplished 2023年11月11日閲覧。 
  48. ^ Flights of fancy - box office smash The Eternal Zero reopens old wounds in Japan with its take on wartime kamikaze pilots” (英語). South China Morning Post (2014年5月11日). 2023年11月11日閲覧。
  49. ^ (英語) 【日本保守党③】歴史認識は?戦後は自虐史観?政党の顔をどう発掘?総選挙での勝算アリ?百田尚樹&有本香と考える|アベプラ, https://www.youtube.com/watch?v=z8bZXBAbeDY 2023年11月11日閲覧。 
  50. ^ 김병규 (2019年10月7日). “'혐한작가 극찬하면 선물'…日출판사 이벤트에 비판 쇄도” (朝鮮語). 연합뉴스. 2024年2月25日閲覧。
  51. ^ 조선일보 (2020年7月18日). “日 극우 소설가, 일본 전철 내 한글 표기에 "구역질 난다" 혐한 글” (朝鮮語). 조선일보. 2024年2月25日閲覧。
  52. ^ 김병규 (2019年10月7日). “'혐한작가 극찬하면 선물'…日출판사 이벤트에 비판 쇄도” (朝鮮語). 연합뉴스. 2024年2月25日閲覧。
  53. ^ 한국이 어떤 보복할지 기대된다” 日 극우작가 조롱글 - 중앙일보”. web.archive.org (2019年8月3日). 2024年2月25日閲覧。
  54. ^ 日 화장품 DHC, 혐한 방송 논란…“韓비하 어제오늘 얘기 아냐”” (朝鮮語). 동아일보 (2019年8月11日). 2024年2月25日閲覧。
  55. ^ 百田尚樹氏と有本香氏の反韓ヘイト扇動が異常すぎる件 - NAVER まとめ”. web.archive.org (2019年10月31日). 2024年2月25日閲覧。
  56. ^ 百田尚樹氏ヘイトツイート「中国人は最低の民族!!」「韓国人は最低の民族・・・」 - NAVER まとめ”. web.archive.org (2019年3月31日). 2024年2月25日閲覧。
  57. ^ 百田尚樹 on Twitter: "差別なんかしてないよ。 朝鮮人でも日本の公立の幼稚園に入れるんだから。 https://t.co/1ztAIU3b8B"”. web.archive.org (2019年9月20日). 2024年2月25日閲覧。
  58. ^ 百田尚樹 on Twitter: "吐き気がする… "”. web.archive.org (2022年3月27日). 2024年2月25日閲覧。
  59. ^ 百田尚樹が沖縄・高江で頭悪すぎデマ! 反対派テント村に漢和辞典があったという理由で中国人関与匂わす|LITERA/リテラ”. web.archive.org (2020年11月9日). 2024年2月25日閲覧。
  60. ^ https://i.imgur.com/FDniUmp.jpg. 2024年2月25日閲覧
  61. ^ https://pbs.twimg.com/media/GHGpUQObYAAyBoO.jpg. 2024年2月25日閲覧
  62. ^ 百田尚樹チャンネル生放送 第129回”. 2023年10月30日閲覧。
  63. ^ 生放送発言集”. 2024年2月24日閲覧閲覧。
  64. ^ 虎ノ門ニュース/DHC渋谷スタジオ製作委員会#24 - 36分40秒”. web.archive.org (2019年8月4日). 2024年2月25日閲覧。
  65. ^ “百田尚樹『日本国紀』が「矛盾」「コピペ」騒動で大炎上?”. 週刊実話. (2018年11月20日). オリジナルの2019年3月31日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20190331131200/https://news.nifty.com/article/domestic/society/12151-127525/ 2022年12月10日閲覧。 
  66. ^ 売り上げ好調 百田氏「日本国紀」に「コピペ」騒動 専門家の評価は?」『毎日新聞』、2018年12月20日。2022年12月9日閲覧。
  67. ^ “Author claims publisher cut ties after he criticized book by writer close to Japan PM” (英語). Mainichi Daily News. (2019年5月17日). https://mainichi.jp/english/articles/20190517/p2a/00m/0na/005000c 2024年2月25日閲覧。 
  68. ^ 山本一郎 (2018年12月22日). “百田尚樹『日本国紀』コピペ論争と歴史通俗本の果てなき戦い”. Yahoo!ニュース. オリジナルの2020年10月31日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20201031230458/https://news.yahoo.co.jp/byline/yamamotoichiro/20181222-00108643/ 2018年12月22日閲覧。 
  69. ^ 園田昌也 (2018年11月27日). “百田尚樹さん『日本国紀』 出典なしでも「ウィキから引用」は成立する? - 弁護士ドットコムニュース”. 弁護士ドットコム. 2022年12月10日閲覧。
  70. ^ 吉井理記 (2021年12月6日). “「日本国紀」の悲しみ 単行本で修正繰り返したが…文庫版も誤り続々”. 毎日新聞. https://mainichi.jp/articles/20211201/k00/00m/010/206000c 2022年12月10日閲覧。 
  71. ^ 「やしきたかじんさんの長女、出版差し止め求め提訴 晩年を百田尚樹氏が描いた『殉愛』」産経新聞、2014年11月21日
  72. ^ 「たかじんさん長女が人権救済申し立て 百田氏発言めぐり」、朝日新聞、2015年1月19日
  73. ^ a b “たかじんさん娘の訴え認める 百田氏「殉愛」出版社、名誉毀損で支払い命令”. 産経新聞. (2016年7月29日). http://www.sankei.com/affairs/news/160729/afr1607290029-n1.html 2016年7月30日閲覧。 
  74. ^ a b “幻冬舎に賠償命令 「殉愛」で名誉毀損認める 東京地裁”. 朝日新聞. (2016年7月29日). http://digital.asahi.com/articles/ASJ7Y517HJ7YUTIL035.html 2016年7月30日閲覧。 
  75. ^ “たかじん氏描いた本で幻冬舎に賠償命令”. NHK. (2016年7月29日). http://www3.nhk.or.jp/news/html/20160729/k10010614001000.html 2016年7月30日閲覧。 
  76. ^ “百田さん「殉愛」巡り、たかじんさん長女が勝訴”. 読売新聞. (2016年7月29日). https://web.archive.org/web/20160730145027/http://www.yomiuri.co.jp/national/20160729-OYT1T50078.html 2016年7月30日閲覧。 
  77. ^ “「殉愛」出版社に賠償命令、名誉毀損など認める”. TBS. (2016年7月29日). http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye2833320.html 2016年7月30日閲覧。 
  78. ^ “「殉愛」で名誉毀損、二審も認める 幻冬舎の賠償を増額”. 朝日新聞. (2017年2月1日). http://www.asahi.com/articles/ASK214FHZK21UTIL012.html 2017年2月1日閲覧。 
  79. ^ “百田尚樹氏書籍、賠償命令確定 やしきさんたかじん長女の名誉毀損”. サンスポ・コム. (2017年12月22日). http://www.sanspo.com/geino/news/20171222/tro17122217450010-n1.html 2017年12月22日閲覧。 
  80. ^ 百田氏「殉愛」、賠償命令 名誉毀損認める”. 日本経済新聞 (2018年11月28日). 2018年12月1日閲覧。
  81. ^ 「正伝出光佐三」出版記念講演会”. 「空の神兵」顕彰会、展転社. 2021年6月21日閲覧。
  82. ^ 2022年6月25日
  83. ^ 2022年6月25日
  84. ^ 2019年8月3日10時4分ツイート
  85. ^ 2019年8月5日1時51分ツイート
  86. ^ 百田尚樹氏に30万円賠償命令 「不自由展」巡り津田大介さん中傷―東京地裁時事通信2023年4月12日
  87. ^ “河村市長「やめてくれ」 不自由展再開に抗議の座り込み”. 朝日新聞. (2019年10月8日). https://www.asahi.com/articles/ASMB84VPGMB8OIPE029.html 2019年10月10日閲覧。 
  88. ^ きっかけは高須院長らの不自由展批判 リコール署名活動:朝日新聞デジタル”. 朝日新聞デジタル. 2021年4月13日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年4月13日閲覧。
  89. ^ “河村たかし市長「応援する」、大村秀章知事リコール運動で 高須クリニックの高須克弥院長と面会も”. 福井新聞. (2020年6月3日). https://www.fukuishimbun.co.jp/articles/-/1097740 2021年4月16日閲覧。 
  90. ^ 高須克弥「リコール運動、私の真意」『月刊Hanadaセレクション "愛知のテドロス"大村知事リコール!高須克弥院長熱烈応援号』、飛鳥新社、2020年8月12日、41-42頁。 
  91. ^ “高須医師ら大村知事リコールへ団体設立 不自由展理由に”. 朝日新聞. (2020年6月2日). https://www.asahi.com/articles/ASN627D8GN62OIPE024.html 2021年2月24日閲覧。 
  92. ^ 高須医師ら大村知事リコールへ団体設立 不自由展理由に”. 朝日新聞. 2021年5月25日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年5月30日閲覧。
  93. ^ “愛知県・大村知事のリコール呼びかけ 高須院長らが会見(2020年6月2日)”. THE PAGE. (2020年6月3日). https://www.youtube.com/watch?v=7bxs8jPHI4o 2021年3月4日閲覧。 
  94. ^ a b “リコール事件逮捕から1週間 応援著名人は? 百田氏「活動には無関係」 デヴィ夫人「コメント控える」”. 中日新聞. (2021年5月27日). https://www.chunichi.co.jp/article/261284 2021年5月27日閲覧。 
  95. ^ “大村知事リコール運動1カ月…高須院長らが怒りの会見! デヴィ夫人「大村知事、あなたは日本人ですか?」 百田尚樹氏「愛知メディアのみなさん、記事にする気ありますか?」”. zakzak. (2020年9月26日). https://www.zakzak.co.jp/soc/news/200926/dom2009260005-n1.html 2021年5月20日閲覧。 
  96. ^ お辞め下さい大村秀章愛知県知事 愛知100万人リコールの会 Twitter 2020年9月26日 午前1:05
  97. ^ https://twitter.com/nagoyakko758/status/1309463757551067137”. X (formerly Twitter). 2023年11月13日閲覧。
  98. ^ 百田尚樹氏と河村たかし氏、初の街頭演説 大勢の人「初めてみた」”. 毎日新聞. 2023年11月13日閲覧。
  99. ^ 【DHC】2020/9/29(火) 百田尚樹×高須克弥×門田隆将×居島一平【虎ノ門ニュース】”. DHCテレビ. 2021年6月11日閲覧。
  100. ^ “知事リコール署名は83%無効 愛知県選管が不正疑い告発検討”. 中日新聞. (2021年2月2日). https://www.chunichi.co.jp/article/195186 2021年2月25日閲覧。 
  101. ^ 愛知県知事解職請求に係る署名簿の調査の取りまとめ状況について” (PDF). 愛知県選挙管理委員会 (2021年2月1日). 2021年2月25日閲覧。
  102. ^ 百田尚樹 Twitter 2021年2月21日 午後10:47
  103. ^ “松井一郎市長は「尻尾きり」 百田尚樹氏は「知らんがな」リコール署名問題から続々避難”. 東京スポーツ. (2021年2月26日). https://www.tokyo-sports.co.jp/articles/-/8097 2021年3月1日閲覧。 
  104. ^ 安倍晋三総理大臣を求める民間人有志の会 発起人一覧
  105. ^ 百田尚樹氏が大統領選の結果を予言「不正票が無効となり、トランプの再選が決まる」/デイリースポーツ online”. デイリースポーツ online. 2021年5月3日閲覧。
  106. ^ 百田尚樹氏「トランプが負けたら小説家引退」宣言も「負けが確定したわけではない」/デイリースポーツ online”. デイリースポーツ online (2023年10月22日). 2023年10月21日閲覧。
  107. ^ https://twitter.com/hyakutanaoki/status/1347208959610945536”. X (formerly Twitter). 2023年10月21日閲覧。
  108. ^ 男の履歴書 百田尚樹編|インライフ
  109. ^ “百田氏「日教組は日本のがん」 講演会後の質疑応答で”. 共同通信社. 47NEWS. (2014年6月18日). https://web.archive.org/web/20140618210441/http://www.47news.jp/CN/201406/CN2014061801001971.html 2014年6月19日閲覧。 
  110. ^ 宮崎駿、『風立ちぬ』と同じ百田尚樹の零戦映画を酷評「嘘八百」「神話捏造」」『Business Journal』、サイゾー、2013年9月25日、2014年1月15日閲覧 
  111. ^ “NHK経営委員 百田尚樹氏 東京都知事選応援で波紋 持論展開”. Sponichi Annex (スポーツニッポン). (2014年2月4日). http://www.sponichi.co.jp/society/news/2014/02/04/kiji/K20140204007521230.html 2014年2月5日閲覧。 
  112. ^ a b “百田氏が選挙応援演説 NHK経営委員、持論展開”. 共同通信社. 47NEWS. (2014年2月5日). http://www.47news.jp/47topics/e/250047.php 2014年2月8日閲覧。 アーカイブ
  113. ^ 米が百田氏発言を批判 共同通信 2014年2月8日
  114. ^ “米、百田尚樹氏発言「非常識」 東京裁判批判に反論”. 共同通信社. 47NEWS. (2014年2月8日). https://web.archive.org/web/20140215031840/http://www.47news.jp/CN/201402/CN2014020801001646.html 2014年2月9日閲覧。 
  115. ^ “米国務省「不合理」と反論 百田尚樹氏の都知事選演説”. 朝日新聞デジタル. (2014年2月8日). http://www.asahi.com/articles/ASG2804PRG27UHBI032.html 2014年2月8日閲覧。 
  116. ^ “NHK経営委員発言:騒動収まらず”. 毎日新聞デジタル. (2014年2月6日). オリジナルの2014年2月7日時点におけるアーカイブ。. https://megalodon.jp/2014-0207-1811-51/mainichi.jp/select/news/20140206k0000m010136000c.html 2014年2月12日閲覧。 
  117. ^ “NHK経営委員は「節度もって」 委員長、異例の見解”. 朝日新聞デジタル. (2014年2月12日). http://digital.asahi.com/articles/ASG2D5QJKG2DUCVL01M.html?iref=comkiji_txt_end_s_kjid_ASG2D5QJKG2DUCVL01M 2014年2月13日閲覧。 
  118. ^ “人間のくず「言い過ぎた」 百田尚樹氏インタビュー”. 朝日新聞デジタル. (2014年2月20日). http://www.asahi.com/articles/ASG2L6GFWG2LUTIL062.html 2014年5月27日閲覧。 
  119. ^ NHK経営委員の南京大虐殺否定発言を批判 中国外交部報道官 駐日中国大使館2014年2月5日
  120. ^ “米大使館、NHK取材に難色 百田氏の発言理由に”. 共同通信社. 47NEWS. (2014年2月14日). https://web.archive.org/web/20140215155314/http://www.47news.jp/CN/201402/CN2014021401002679.html 2014年4月7日閲覧。 
  121. ^ 百田氏「沖縄2紙を潰さねば」 「どこかの島が中国に取られれば、目を覚ますはず」とも - 産経新聞、2015年6月26日
  122. ^ 米軍普天間飛行場の形成過程と軍用地料の支払額別所有者数等に関する質問主意書”. www.shugiin.go.jp. 2020年12月5日閲覧。
  123. ^ 「『沖縄の地元紙、左翼に乗っ取られている』 自民勉強会」、朝日新聞、2015年6月26日
  124. ^ ナウルなどを「くそ貧乏長屋」 百田氏、勉強会で発言:朝日新聞デジタル”. 朝日新聞デジタル. 2020年2月16日閲覧。
  125. ^ “百田尚樹氏「発言」の真意 報じられた言葉と報じられなかった言葉”. 産経デジタル. (2015年6月29日). https://www.zakzak.co.jp/society/politics/news/20150629/plt1506291534001-n1.htm 2015年10月2日閲覧。 
  126. ^ 百田尚樹氏暴言で江渡前防衛相が謝罪 | 沖縄タイムス+プラス ニュース”. 沖縄タイムス+プラス. 2021年5月3日閲覧。
  127. ^ “[大弦小弦]作家の百田尚樹氏から「悪魔に魂を売った記者」という異名をいただいた・・・”. 沖縄タイムス (沖縄タイムス社). (2017年11月6日). http://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/166154 2018年3月30日閲覧。 
  128. ^ 深笛義也 (2018-01-19). “百田尚樹「(沖縄・米軍ヘリ機材落下は)全部嘘」、記者に「娘さんは中国人の慰み者」”. ビジネスジャーナル (サイゾー). http://biz-journal.jp/2018/01/post_22047.html 2018年3月30日閲覧。. 
  129. ^ "本土の反対運動を懸念し沖縄に海兵隊移転"は本当?”. NEXT MEDIA "Japan In-depth"[ジャパン・インデプス] (2018年10月3日). 2020年1月12日閲覧。
  130. ^ 「沖縄、終わった」 知事選結果に相次ぐ中傷 SNS投稿、拡散 琉球新報
  131. ^ a b 【DHC】2022/10/4(火) 百田尚樹×門田隆将×居島一平【虎ノ門ニュース】 1:55:22
  132. ^ 百田尚樹氏「生活保護の人に給付金を出すのは反対!」と主張 東スポWEB 2020年3月31日閲覧
  133. ^ a b c d 民族差別だけでない 百田尚樹が五輪女性選手を「男だ」とあげつらう発言! この差別思想が安倍前首相の周辺にいる連中の本質”. 本と雑誌のニュースサイト/リテラ. 2023年10月22日閲覧。
  134. ^ a b c 百田尚樹がお茶の水女子大のトランスジェンダー入学に下品な差別攻撃!「よーし今から勉強して入学を目指すぞ!」”. 本と雑誌のニュースサイト/リテラ. 2023年10月21日閲覧。
  135. ^ a b c d e f ツッコミどころ満載。百田尚樹と門田隆将「LGBT差別対談」の下劣”. まぐまぐニュース! (2023年8月25日). 2023年10月21日閲覧。
  136. ^ 『月刊WiLL』ワック株式会社、2023年9月号。 
  137. ^ 失敗談を語るなら、ここまでやるべき…作家・百田尚樹の「和式トイレの便器でズボンを洗うことになった話」 失敗を笑いに変えられるのは、人間の成長の証し (2ページ目)”. PRESIDENT Online(プレジデントオンライン) (2023年6月23日). 2023年10月22日閲覧。
  138. ^ a b 百田尚樹氏の〝クルリンパ〟にツッコミ殺到 高市早苗氏絶賛も数日前に「評価ガタ落ち」”. 東スポWEB (2021年9月7日). 2023年10月22日閲覧。
  139. ^ 百田尚樹氏、女性議員への「デートお誘い」巡る投稿を謝罪「私の記憶違いと大失態」「本気ではない」 - スポニチ Sponichi Annex 芸能”. スポニチ Sponichi Annex. 2024年2月7日閲覧。
  140. ^ 添田詩織”. 2023年2月2日閲覧。
  141. ^ (週刊現代 2013, p. 14)
  142. ^ 佐藤彰昭『〈趣味〉としての戦争: 戦記雑誌『丸』の文化史』創元社、2021年6月20日、123頁。ISBN 9784422202969 
  143. ^ 今こそ、韓国に謝ろう 文庫版. 飛鳥新社. ISBN 9784864106825 
  144. ^ 虎ノ門ニュース公式サイト(tora8.tv)”. tora8.tv. 2022年11月1日時点のオリジナルよりアーカイブ。2023年1月19日閲覧。

参考文献 編集

外部リンク 編集