メインメニューを開く

駈込み訴へ」(かけこみうったえ、新かなでは「訴え」)は、太宰治短編小説

概要編集

初出 中央公論』1940年2月号
単行本 女の決闘』(河出書房、1940年6月15日)
執筆時期 1939年12月完成[1]
原稿用紙 34枚[2]

本作品は妻美知子が太宰の口述を筆記してできたものである[1]。「全文、蚕が糸を吐くように口述し、淀みもなく、言い直しもなかった」という美知子の証言がある[3]

イスカリオテのユダを主人公とした視点で、イエス・キリストに対してどういう感情を持っていたのかを述べるという形式を取っている。全体としてはイエスの薄情や嫌らしさを訴える内容となっている。しかしその実質は、自暴自棄になったユダの愛と憎しみがないまぜになって、どちらがどちらか本人すらすでに判別つかなくなり、混乱しながらも悲痛に訴えているというものである。ユダがどこに駆け込んで誰に訴えかけたのかは、明らかにされない。

太宰は「姥捨」において「ユダの悪が強ければ強いほど、キリストのやさしさの光が増す」と記している。

関連書籍編集

関連作品編集

ドラマ編集

舞台編集

  • JUDAS, CHRIST WITH SOY ユダ、キリスト ウィズ ソイ 〜太宰治『駈込み訴え』より〜(2015年10月、HONMOKU AREA-2)[4]

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b 『太宰治全集 附録第四号』八雲書店、1948年11月30日所収。津島美知子「御崎町から三鷹へ」。
  2. ^ 『太宰治全集 第3巻』筑摩書房、1989年10月25日、420頁。解題(山内祥史)より。
  3. ^ 津島美知子 『回想の太宰治』人文書院、1978年5月20日。
  4. ^ 蓮沼執太×森山未來、太宰治「駈込み訴え」土台の舞台作品でコラボ”. 音楽ナタリー (2015年9月18日). 2015年9月18日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集