メインメニューを開く

高井 几董(たかい きとう、 寛保元年(1741年) - 寛政元年10月23日(1789年12月9日))は、江戸時代中期の俳諧師夜半亭三世。別号に晋明、高子舎、春夜楼、塩山亭。

経歴編集

京都の俳諧師・高井几圭の次男として生まれる。幼名は小八郎。父に師事し俳諧を学び、初号を雷夫と称した。宝井其角には特に厚く私淑していた。明和7年(1770年)30歳の時、与謝蕪村に入門した。入門当初より頭角を現し蕪村を補佐して一門を束ねるまでに至った。安永7年(1779年)には蕪村と二人で大坂摂津播磨瀬戸内方面に吟行の旅に出た。温厚な性格で蕪村の門人全てと分け隔て無く親交を持った。門人以外では松岡青蘿大島蓼太久村暁台らと親交を持った。天明3年(1784年)に蕪村が没すると直ちに蕪村句集を編むなど俳句の中興に尽力した。京都を活動の中心に据えていたが、天明5年(1785年)蕪村が師である早野巴人の「一夜松」に倣い「続一夜松」を比野聖廟に奉納しようとしたが叶わなかったので、その遺志を継いで関東に赴いた。この際に出家し僧号を詐善居士と名乗った。天明6年(1786年)に夜半亭を継承。この年に「続一夜松」を刊行した。寛政元年(1789年)歿、享年49。

作品編集

編著作集編集

  • 日発句集
  • 初懐紙
  • 其雪影
  • あけ烏
  • 井華集
  • 続一夜松

代表句編集

  • 水に落ちし椿の氷る余寒かな
  • 絵草紙に鎮おく店や春の風
  • むらさきに夜は明けかかる春の海
  • 明(あけ)いそぐ夜の美しき竹の月
  • 秋あつき日を追うて咲く木槿(むくげ)かな
  • 淋しさの年々高し花芒(すすき)
  • かなしさに魚喰ふ秋の夕べかな
  • やはらかに人わけゆくや勝角力
  • 年かくすやりてが豆を奪ひけり
  • 穢多村の裏を逃げ行く清水かな

参考文献編集

  • 浅見美智子/編校 『几董発句全集』 八木書店 1997年