高島 祐庵(たかしま ゆうあん、文政4年(1821年) - 慶応4年閏4月18日1868年6月8日))は、幕末漢方医。幕府奥医師。名は久貫。

経歴編集

高島氏は代々幕府に仕えた医家で、祐庵は弘化2年(1845年)家を継ぐ。安政から文久にかけて医学館で講書を行ない褒賞を得ている。将軍徳川家茂が大坂城で病んだとの報を受け、慶応2年(1866年)7月16日、大膳亮弘玄院多紀安琢(養春院)、遠田澄庵浅田宗伯らとともに大坂へ急派された。慶応4年(1868年)没。四谷法恩寺に葬る。養子の高島祐啓(久也、1823年生)は実弟で、幕府漢方医として竹内下野守遣欧使節に同行した人物として知られている[1]

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ 『柴田剛中欧行日載』より君塚進、京都大学、史林、1961-11-01