高木厚人

日本の書家

高木 厚人(たかぎ あつひと、1953年[1] - )は、日本の書家大東文化大学教授。

高木 厚人
(たかぎ あつひと)
人物情報
生誕 1953年(69 - 70歳)
国籍 日本の旗 日本
出身校 京都大学文学部
学問
研究機関 大東文化大学
学位 文学士(京都大学)
脚注
テンプレートを表示

略歴編集

千葉県船橋市に生まれる[1]。父は書家・高木東扇[1]都立九段高校を経て、1982年京都大学文学部卒業。在学中は杉岡華邨に師事[1]。卒業後は日比野五鳳に師事し[1]日本書道芸術専門学校大阪教育大学で教壇に立った。2000年大東文化大学文学部書道学科助教授、同大学書道研究所所長[2]、2004年同教授

2005年、第37回日展会員賞受賞[1]。2012年、現代書道二十人展メンバーに選出[1]。2018年、改組新第5回日展内閣総理大臣賞受賞[1]

日展会員[1]、臨池会理事長、読売書法会常任理事、千葉県美術会常任理事[1]、日本書芸院副理事長[1]などを務める。

著書編集

  • 『連綿「かな」(プロに学ぶ書のテクニック)』可成屋、2002年
  • 『四季の詩歌を書く―かな書篇(条幅作品手本)』可成屋、2006年

共著編集

TV出演編集

脚注編集

  1. ^ a b c d e f g h i j k 書道界を代表する船橋市出身・高木厚人さん” (日本語). 船橋市ホームページ. 2022年4月26日閲覧。
  2. ^ 所長からのごあいさつ” (日本語). 大東文化大学. 大東文化大学. 2022年4月26日閲覧。

外部リンク編集