高木 正坦(たかぎ まさひら)は、江戸時代後期の大名河内国丹南藩12代藩主。官位従五位下主水正

 
高木正坦
Takagi Masahira.jpg
高木正坦
時代 江戸時代後期 - 明治時代
生誕 文政12年3月13日1829年4月16日
死没 明治24年(1891年1月31日
改名 善次郎(幼名)、正
戒名 高樹院殿風誉様堂正坦大居士
墓所 東京都杉並区永福の栖岸院
官位 従五位下主水正
幕府 江戸幕府
主君 徳川家慶家定家茂慶喜明治天皇
河内丹南藩
氏族 美作(津山)松平家高木氏
父母 松平維賢
高木正明
兄弟 敏、松平信発正坦
一柳末延
堀田正亨正秋
正善
テンプレートを表示

略歴編集

松平維賢(これかた、美作国津山藩主・松平康哉の四男)の四男として誕生。姉に敏(維賢の兄・斉孝の養女、斉孝の養子・松平斉民継室)、兄に松平信発鷹司松平家を継ぐ)がいる。

先代藩主・高木正明に嗣子が無かったためその養嗣子となり、嘉永元年(1848年)5月15日、12代将軍・徳川家慶に拝謁する。同年8月23日、養父・正明の隠居により、家督を継いだ。同年12月16日、従五位下主水正に叙任した。文久3年(1863年)9月10日、大番頭となる。

慶応元年(1865年)10月24日、辞任する。慶応4年3月16日、上洛する。明治2年(1869年)6月24日、版籍奉還により藩知事に就任する。同年11月18日、隠居し、養嗣子・正善に家督を譲った。

明治24年(1891年)正月31日、63歳で死去した。法号は高樹院殿風誉様堂正坦大居士。墓所は東京都杉並区永福の栖岸院

系譜編集