メインメニューを開く

高木 第四郎(たかぎ だいしろう、文久2年8月20日[1]1862年9月13日) - 昭和27年(1952年)12月12日[2])は、日本の経済人、政治家。熊本県熊本市出身。族籍は熊本県平民[3]。旧姓・宮崎[3]牛乳搾取業[3]

目次

生涯編集

  • 1862年(文久2年)、熊本市高田原歩町で誕生。宮崎真雄の三男[3]。兄が二人、姉が一人おり、四番目の子供。高木茂吉の養子となった[3]。日新堂、春日学校、広取塾(広取英学校)で学ぶ。
  • 1880年(明治13年)、18歳で下総三里塚種畜場(御料牧場)に牧夫として住み込み、翌14年には農商務省の農学校獣医分科に推薦入学。2年後に獣医生となった。
  • 1883年(明治16年)、熊本市鷹匠町に、「弘乳舎」という牧場と牛乳を扱う会社を創業。土地は160坪、和牛は4頭と洋牛1頭。弘乳舎という屋号は「牛乳を弘く社会に普及する天下国家への奉仕」を意味する。
  • 1889年(明治22年)、27歳で市会議員に当選。
  • 1893年(明治26年)、本荘町に牧場を建設して移転。
  • 1915年(大正4年)、九州新聞(現 熊本日日新聞)社長に就任。
  • 1941年(昭和16年)、弘乳舎が戦時統制で熊本県内の乳業メーカー13社(熊本牛乳、肥後牛乳、銀杏牛乳、光乳舎、岡田省牧場、等)と合併し、熊本合同牛乳(現 熊本森永乳業)となる。
  • 1952年(昭和27年)、90歳で死去。

役職編集

  • 弘乳舎社長
  • 市会議員
  • 県会議員
  • 衆議院議員
  • 政友会幹事長
  • 九州商業銀行(現 肥後銀行)支配人
    • ※ 肥後銀行(肥後協同銀行) = 九州商業銀行(宇土第一三五国立銀行) + 飽田銀行 + 植木銀行
  • 九州新聞(現 熊本日日新聞)社長
  • 帝国牛乳協会会長
  • 熊本電気株式会社監査役

脚注編集

  1. ^ 衆議院『第四十九回帝国議会衆議院議員名簿』〈衆議院公報附録〉、1924年、33頁。
  2. ^ 『議会制度百年史 - 衆議院議員名鑑』371頁。
  3. ^ a b c d e 『人事興信録 7版』た133-134頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2017年1月5日閲覧。

参考文献編集

  • 人事興信所編『人事興信録 7版』人事興信所、1925年。
  • 衆議院・参議院『議会制度百年史 - 衆議院議員名鑑』大蔵省印刷局、1990年。

外部リンク編集