メインメニューを開く

高桑 一(たかくわ はじめ、1967年12月14日[1] -)は日本音響監督東京都出身[2]

目次

経歴編集

父親であり音響監督であった高桑慎一郎2011年4月6日死去)の影響で音響に興味を持ち、彼に師事する。洋画吹き替えの分野に進んだ後、『こちら葛飾区亀有公園前派出所』で30分もののテレビアニメの音響監督を初めて担当。その後は吹き替え演出と同時にアニメ作品でも音響演出を手がける。

参加作品編集

※ 特記のない限り全て音響監督としての参加

テレビアニメ編集

1996年

2000年

2001年

2002年

2003年

2004年

2005年

2006年

2007年

2008年

2009年

2011年

2012年

2013年

2014年

2016年

2017年

2018年

  • 銀の墓守りⅡ

2019年

OVA編集

1994年

1997年

1999年

  • 倒凶十将伝(録音演出)

2000年

2001年

2006年

2007年

2011年

  • 最遊記外伝

2012年

2014年

劇場アニメ編集

2001年

Webアニメ編集

2012年

2017年

吹き替え編集

1997年

1998年

2002年

2003年

著書編集

  • 現場で求められる声優〜「ダイヤのA」「キングダム」「最遊記」の音響監督高桑一が語る〜(2016年、くびら出版)ISBN 978-4-86113-328-2

参考文献編集

脚注編集

  1. ^ 『日本音声製作者名鑑2007』、291頁、小学館、2007年、ISBN 978-4095263021
  2. ^ 『現場で求められる声優〜「ダイヤのA」「キングダム」「最遊記」の音響監督高桑一が語る〜』くびら出版、2016年3月、198頁。ISBN 978-4-86113-328-2
  3. ^ テレパシー少女 蘭”. トムス・エンタテインメント. 2016年6月10日閲覧。

関連項目編集