メインメニューを開く

高橋信介(たかはし のぶすけ)は、日本物理学者。弘前大学准教授。専門は宇宙放射線物理。

目次

来歴・人物編集

1982年埼玉大学理学部物理学科卒業。1984年弘前大学大学院修士課程修了。1988年岡山理科大学大学院博士後期課程修了。理学博士1989年、弘前大学教養部専任講師を経て、1992年に弘前大学教養部助教授。1997年より、弘前大学理工学部助教授に配置換え。

著書・論文編集

著書編集

共著編集

論文編集

  • 「広域宇宙線空気シャワーの観測 GZ効果候補事例の探索」(共著)(『日本物理学会講演概要集』 64(1-1), 91, 2009年)
  • 「大広域宇宙線空気シャワーの観測XX Any 3 Coincidenceシステム」(共著)(『日本物理学会講演概要集』 60(2-1), 23, 2005年)
  • 「大広域宇宙線空気シャワーの観測 異方性の解析」(共著)(『日本物理学会講演概要集』 60(1-1), 87, 2005年)
  • 「大広域宇宙線空気シャワーの観測 XVIII 同時事例解析」(共著)(『日本物理学会講演概要集』 59(2-1), 72, 2004年)
  • 「Hirosaki Air Shower Array Ⅱ」(共著)(『弘前大学理工学部研究報告』 6(2), 25-31, 2004年)
  • 「高次自己相関による微弱光画像処理」(『弘前大学理工学部研究報告』 6(2), 17-24, 2004年)
  • 「アーラン分布による連続空気シャワーの飛来頻度解析」(共著)(『弘前大学理工学部研究報告』, 6/1, 43-49, 2003年)
  • Analysis of the arrival time of serial air showers by using erlang distribution and poisson distribution(共著)(28th International Cosmic Ray Conference, Tsukuba Japan, 1/, 211-214, 2003)
  • The three-dimensional propagation of high energy muon through water(共著)(28th International Cosmic Ray Conference, Tsukuba Japan, 3/, 1483-1486, 2003)
  • Chaos in different far-off cosmic rays: a fractal wave model(共著)(Journal of Physics G: Nuclear and Particle Physics, 29/, 2065-2077, 2003)
  • 「GPS信号を用いた空気シャワー飛来時間解析―全天プロットの自己相関画像処理解析」(共著)(『弘前大学理工学部研究報告』, 5/2, 15-25, 2003年)
  • 「イメージインテンシファイヤーを用いた微弱光画像処理」(Bull. Fac. Sci. Tech. Hirosaki Univ., 5/, 43-49, 2002)
  • Muon cross-section with both the LPM effect and the Ter-Mikatelyan effect at extremely high energies(共著)(Journal of Physics G: Nuclear and Particle Physics, 28/, 427-449, 2002)
  • Characteristics of the LPM shower in the atmosphere and comments to the thinning method(共著)(J. Phys. Soc. Jpn., 112-121/, 2001)
  • Search for coincident air showers over a very large area(共著)(27th International Cosmic Ray Conferrence, Hamburg, Germany, 1/, 219-221, 2001)
  • Arrival direction of successive air showers(共著)(I1 Nuovo Cimento, 24/6, 859-873, 2001)
  • Anisotropy of successive air showers(共著)(Nuclear Physics B, 97/, 173-176, 2001)
  • Search for coincident air showers in the network observation(共著)(Nuclear Physics B, 97/, 169-172, 2001)
  • LAAS network observation of air showers(共著)(Nuclear Physics B, 97/, 165-168, 2001)
  • Upper limits to low energy anti-neutrino flux from GRB990705(共著)(Astronomy and Astrophysics, 366/, 573-577, 2001)
  • Observation of time correlation in cosmic air shower network(共著)(Nuclear Physics B, 75A/, 330-332, 1999)
  • Experiments of TL-stack for heavy slowly particles(共著)(The 25th International Cosmic Ray Conferrence, 7/, 165-168, 1997)
  • On the characteristics of individual cascade showers with the LPM effect at extremely high energies(共著)(Journal of Physics G, Nuclear and Particle Physics, 17/, 1991)
  • 「熱ルミネッセンス[TL]シートを用いた電磁カスケードシャワーの読み取りⅠ」(共著)(『岡山理科大学紀要』 A, 自然科学 24, 115-128, 1989年)
  • Thermoliminescence measurement of acalsite shell for dating(共著)(Quarternary Science Reviews, 7/, 1988)
  • 「TL-SHEET による ES-BEAM の INTENSITY の測定」(『岡山理科大学紀要』 A, 自然科学 22, 187-203, 1987年)
  • Measurement of Accelerator Electron Induced Cascade Showers in Lead with Thermoluminescence Sheet(『岡山理科大学紀要』 A, 自然科学 23, 145-155, 1987年)
  • 「時間分解分光計測システム」(共著)(『岡山理科大学紀要』 A, 自然科学 21, 49-54, 1985年)