高 済(こう さい、? - 569年)は、中国北斉皇族。博陵文簡王。高歓の十二男。母は婁昭君

経歴編集

550年、北斉が建てられると、博陵王に封ぜられた。高済が文宣帝の巡幸に従ったことがあったが、道中で母の婁太后のことが恋しくなり、逃げ帰ったことがあった。文宣帝が怒って白刃をつきつけると、高済は驚きのあまり魂の抜けたようになった。561年太尉の位にのぼった。562年定州刺史として出向した。569年1月、定州の人に叛乱の計画を諮問した。後主がこのことを聞くと、ひそかに人を派遣して高済を殺させた。仮黄鉞・太尉・録尚書事の位を追贈された。

子の高智が後を嗣いだ。

伝記資料編集

  • 北斉書』巻十 列伝第二
  • 北史』巻五十一 列伝第三十九