高 源浚コ・ウォンジュンハングル고원준1990年6月23日 - )は、韓国出身の元プロ野球選手投手)。

高 源浚
Ko Won-Jun
基本情報
国籍 大韓民国の旗 韓国
出身地 済州特別自治道 済州市
生年月日 (1990-06-23) 1990年6月23日(29歳)
身長
体重
181 cm
82 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 2010年 2次ドラフト2位
初出場 2010年4月15日
最終出場 2017年9月16日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
国際大会
代表チーム 大韓民国の旗 韓国代表

経歴編集

ネクセンヒーローズ時代編集

ロッテ・ジャイアンツ時代のチームメイトだった姜珉鎬以来韓国プロ野球史上3人目の済州特別自治道出身者。

2009年の高校卒業後、ネクセン・ヒーローズに入団。2年目の2010年に一軍初登板を果たすと、先発ローテーション入りし5勝を挙げた。同年オフ、李政勳などとの2対1トレードでロッテ・ジャイアンツに移籍。

ロッテジャイアンツ時代編集

2010年第17回IBAFインターコンチネンタルカップ韓国代表にも選ばれている。

2012年12月2日早朝に飲酒運転の疑いで次の日書類送検された[1]。そして12月5日KBOから罰金500万ウォン、社会奉仕(ボランティア)活動56時間の懲戒が下された[2]

2013年末より、兵役で尚武に入隊。

だが軍服務途中の2014年8月12日、ネクセンとの試合中にタバコを吸う姿が撮影され、チームおよびファンから激しい叱責を受けた。

2015年9月、他の尚武に所属している選手とともに第27回アジア野球選手権大会韓国代表として出場し、優勝に貢献した。同月末に除隊されロッテに復帰。

斗山ベアーズ時代編集

2016年5月31日、盧景銀とのトレードで斗山ベアーズへ移籍した。これは一度現役引退を宣言し、斗山より任意脱退したがそれを撤回し他球団での現役復帰を希望した盧景銀への配慮である。

しかし、ほとんど活躍できず2017年限りで戦力外になり現役を引退した。

引退後は野球界から離れた生活を送っている。

通算記録編集

年度 チーム 平均自責点 試合 完投 完封 勝利 敗戦 セーブ ホールド 勝率 打者 投球回 被安打 被本塁打 四球 死球 奪三振 失点 自責点
2010 ネクセン 4.12 30 0 0 5 7 0 0 0.417 570 131 123 15 61 12 87 64 60
2011 ロッテ(KBO) 4.19 36 3 2 9 7 2 0 0.563 670 152.2 163 15 59 6 85 77 71
2012 4.25 19 0 0 3 7 0 0 0.300 440 95.1 109 7 43 11 45 52 45
2013 5.61 13 0 0 1 4 0 0 0.200 233 51.1 64 4 22 3 26 37 32
2016 斗山 5.47 14 0 0 1 1 0 1 0.500 114 24.2 31 2 11 5 21 15 15
2017 10.61 5 0 0 0 1 0 0 0.000 52 9.1 17 0 8 0 6 11 11
通算' 6シーズン 4.54 117 3 2 19 27 2 1 0.413 2079 464.1 507 43 204 37 270 256 234

脚注編集

[脚注の使い方]

外部リンク編集