高演

江戸時代後期の真言宗の僧侶

高演(こうえん、明和2年(1765年)-弘化5年1月16日1848年2月20日)は、江戸時代後期の真言宗の僧侶。右大臣鷹司輔平の子。幼名は理君。

経歴編集

幼くして醍醐寺に入り、13歳の時に得度、後に杲観から 伝法灌頂をうける。2度にわたって大峰山入峰を行い、特に文化元年(1804年)の入峰の際には随行者5000名を数えた。天保2年(1831年)に東寺長者(226世)になると、その後准三宮・醍醐寺座主(52世)・東寺長者(再任・234世)・当山派別当などを歴任した。また、『弘法大師正伝』の編纂にもあたった。

参考文献編集

  • 日本仏教人名辞典編纂委員会 編『日本仏教人名辞典』法蔵館、1992年 ISBN 978-4-8318-7007-0
  • 市古貞次 編『国書人名辞典 2』岩波書店、1996年