メインメニューを開く

高瀬 清たかせ きよし1901年10月12日 - 1973年8月7日)は、日本の社会主義運動家。民人同盟会暁民会に参加し、日本共産党の結成に携わる。

概説編集

岐阜県大野郡高山町(現・高山市)出身。早稲田大学の民人同盟会に参加し、暁民会に所属、検挙される。出獄後、大正10年(1921年)10月にコミンテルンから派遣された張太雷の要請に応じ、翌大正11年(1922年)に徳田球一とともにモスクワの極東民族大会に日本代表として参加する。スターリンから日本における共産主義活動について支持を受け、帰国後これをコミンテルン日本支部準備会に報告、第一次共産党の結成につながる。

第一次共産党事件で検挙され、出獄した後は共産党から離れた。戦後には日本社会党から参議院選挙・衆議院選挙に立候補するが、全て落選した。

1973年、心筋梗塞のため死去[1]

脚注編集

  1. ^ 服部敏良『事典有名人の死亡診断 近代編』付録「近代有名人の死因一覧」(吉川弘文館、2010年)16頁