高遠城址公園

高遠城址公園
Takato Joushi Park1.jpg
桜雲橋と桜
(2010年4月13日撮影)
所在地
長野県伊那市高遠町東高遠
座標 北緯35度50分0.5秒 東経138度3分44.3秒 / 北緯35.833472度 東経138.062306度 / 35.833472; 138.062306座標: 北緯35度50分0.5秒 東経138度3分44.3秒 / 北緯35.833472度 東経138.062306度 / 35.833472; 138.062306

高遠城址公園(たかとおじょうしこうえん)は、長野県伊那市高遠町東高遠にある城、高遠城を中心に整備された公園である。

目次

概要編集

高遠城は戦国時代武田信玄の家臣であった山本勘助が縄張りした堅城で城主は武田氏一族が務めた。別名兜山城ともいわれる。1582年(天正10年)、城主・仁科盛信(信玄五男)の時落城するが、この時籠城していた信玄の娘・松姫(盛信の妹)と、攻城軍の総大将織田信忠(織田信長嫡男)は元婚約者同士であり、落城にまつわる悲劇として知られている。

城は南アルプスの裾野にあり、になるとこの地にしか咲かない1,500本のコヒガンザクラサクラの一種)が咲き乱れ、城は赤みを帯びた鮮やかな桜色に包まれる。日本さくら名所100選に選定されている。毎年4月上旬から5月上旬にかけての観桜シーズンには「高遠城址公園さくら祭り」が催され、全国から花見客が訪れる。

歴史編集

ここでは廃藩後の城址公園について解説する。これ以前の歴史は高遠城を参照されたい。

明治4年、廃藩置県によって高遠城は取り壊しとなり、城内の樹木は競売にかけられ売り払われたため、この場所は荒地となっていた。1876年(明治9年)、これを見かねた旧藩士たちは城跡に桜を植樹し、城下町にあった門を移すなどして公園として整備した。1936年(昭和11年)、高遠閣が完成。高遠閣は観光客の休憩所、案内所として使用されているが、元々は地域の集会所として作られたものであった。1960年(昭和35年)、タカトオコヒガンザクラの樹林は長野県の天然記念物に指定された。1978年(昭和53年)より花見のシーズンのみ有料となった。

周辺編集

アクセス方法編集

  • 飯田線伊那市駅よりJRバスで約25分、「高遠駅」下車。または中央本線茅野駅よりJRバス(季節運行)で約1時間、「高遠駅」下車。「高遠駅」より徒歩約15分。
  • 中央自動車道伊那ICから車で30分、同諏訪ICから車で1時間。
    • シーズン中は公園付近の渋滞を緩和するため無料大駐車場からシャトルバス、片道100円が運行されるが、混雑がひどい場合は、バスに乗り切れないなどして、結局、駐車場から徒歩で向かう花見客もいる。)
    • 中央高速バス新宿 - 伊那・駒ヶ根線とJRバス高遠線がセットになった「新宿・高遠連絡きっぷ」[1]も発売されている。
    • 新宿 - 高遠(高遠本町、高遠さくらホテル)間の高速バスをトラビスジャパン株式会社(花バス観光)が運行している[2]

ギャラリー編集

脚注編集

関連項目編集

外部リンク編集