鬼の間(おにのま)とは、京都御所において仁寿殿の西、後涼殿の東にある清涼殿(せいりょうでん)、南西隅の部屋。すなわち裏鬼門の位置にある。

平安遷都延暦13年・794年)時の内裏に大和絵師・飛鳥部常則が、康保元年(964年)の間に鬼を退治する白沢王像を描いたとされる[1]。壁に描かれていた王は、一人で剣をあげて鬼を追う勇姿であり、それを白沢王(はかたおう)といい、古代インド波羅奈国(はらなこく)の王であり、鬼を捕らえた剛勇の武将であると、順徳天皇が著した『禁秘抄』(きんぴしょう)(御抄)(みしょう)を解釈した[1]禁秘抄講義』3巻上(関根正直著)に記述されている。 現在の建物(鬼の間)に、白澤王の絵は描かれていない[2]。なお、江戸中期の随筆『夏山雑談』には、白沢王は李の将軍、「白澤王」としても記されている[2]。昭和43年、皇居東御苑が一般公開されたが、京都御所GHQの管理下でありながら、昭和21年11月に一般公開[2]されている。しかし現在でも鬼の間は一般公開されていない[2]

古来から日本に伝わる家相では、鬼門、北東を忌み嫌う言い伝えがあるが、それは京都御所築地塀の「猿ヶ辻」が基になっているが、清涼殿内部には鬼の間が存在している。これについて、家相を研究する小池康寿は著書『日本人なら知っておきたい正しい家相の本』において、京都御所や天皇家が鬼の災い、神の祟り(自然災害、火災、疫病の蔓延)を恐れて築地塀を凹ませていたとするより、庶民に災厄が及ばぬように皇室が一手に、凹み(猿ヶ辻)で受けとめ、御所内部の清涼殿の鬼の間に導いて鬼を切り倒すことで世の安泰を願っていた(宮中祭祀)と解釈した方が自然であると論じ[3]、外から見た御所の塀の凹みのみに注目した庶民の単純な考えが鬼門除けの発想に繋がったと考えるのが理に適うとしている[4]

参考文献編集

  • 小池康寿『日本人なら知っておきたい正しい家相の本』プレジデント社、2015年11月。ISBN 9784833421492

脚注編集

  • 関根正直著 『禁秘抄釈義. 上巻』 明34.2 p.42. 鬼の間記述
  • 『禁秘抄講義 : 3巻』 1927年

関連項目編集