魏侈[1](ぎ し、生没年不詳)は、魏襄子(ぎ じょうし)ともいい、春秋時代の卿。

魏侈は魏取(魏簡子)の子として生まれた[2]。魏取が死去すると、魏侈が後を嗣いで魏氏の宗主となった。魏侈は士吉射(范昭子)と仲が悪く、紀元前497年智躒韓不信らとともに定公を奉じて范氏中行氏を攻撃した[3]紀元前488年、魏侈は軍を率いてを攻撃した[4]紀元前482年、魏侈は軍を率いて衛を攻撃した[5]

脚注 編集

  1. ^ 史記』魏世家による。『春秋左氏伝』は魏曼多とする。名を「哆」や「多」とする史料も見られる。
  2. ^ 史記索隠』魏世家所引『世本』による。『史記』魏世家は魏舒(魏献子)の子とする。
  3. ^ 『春秋左氏伝』定公13年
  4. ^ 春秋』哀公7年
  5. ^ 『春秋』哀公13年
先代
魏取
氏当主
第7代
次代
魏駒